見出し画像

#54 手まり、帯模様「うろこ、矢羽」の作り方

#手まりの作り方 #矢羽 #魔よけの模様 #お祝いの模様 #うろこ


帯模様


今では、加賀指ぬきを作る方がかなり増えました。
テレビで、加賀指ぬきの作り方が紹介され
書籍が発売され、急激に愛好者が増えました。


しかし、それ以前はほとんど作る人を見ず
模様の一部は手まりの帯の中で、ひっそりと伝えられていました。


今回は指ぬき模様の中でも、基礎になる模様を2つ
手まりの帯として作ります。


模様は2種類ですが、両方とも作る手順は同じです。
4色で作ると「うろこ模様」になり
2色で作ると「矢羽模様」になります。


魔よけの模様


矢羽模様が魔よけの模様というお話は
前回、お話しました。


うろこ模様も魔よけの模様になります。


慶事、仏事、両方で使える、うろこ模様


日本の伝統模様は、お祝い事もしくは仏事で使う模様
それぞれ細かく分けられています。


その中で、このうろこ模様は
お祝い事にも仏事にも使える
とても珍しい模様です。


私は三角形の連続模様が、うろこ模様と知った時
魚のうろこを模した物だと思いました。


しかし、仏事とお祝い事の両方に使える模様だと知った時
なぜ?と疑問に思いました。


うろこ模様の意味


うろこ模様のうろことは
竜神様、蛇神様のうろこだったのです。


蛇は脱皮を繰り返すので
再生の象徴と考えられました。


その為、仏事に使える模様になります。
古来、死後の復活や再生を願い
世界各地でさまざまな考え方が伝えられています。


仏教では、人は死んでも魂が別の人として生まれ変わる
輪廻転生の考え方が信じられてきました。


蛇の皮は、お金がたまると言われ
財布に使われたり、抜け殻をお守りにする人もいます。


このような理由により、うろこ模様は
お祝い事と仏事の両方で、使える模様になりました。


糸のメーカーにより糸の太さが違う


中国製の25番刺繍糸は、メーカー品の糸と比べて
だいぶ太さが違い、太いです。
メーカー品の糸も、厳密な事を言えば
微妙に太さが違います。


今まで紹介してきた作品は
糸の太さを意識せずに作ることが出来ました。
しかし、作品によっては糸の太さを揃えたほうが
簡単に綺麗に作ることが出来ます。


この作品は、地割になる縦のラインは
糸の太さを問題にしません。
しかし、うろこ模様や、矢羽模様を作る帯の部分
ここの糸はメーカーを揃えたほうが
簡単に綺麗に作ることが出来ます。


帯模様の作り方

この続きをみるには

この続き:98文字

#54 手まり、帯模様「うろこ、矢羽」の作り方

てまり-ねこ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 現在、アトリエ引っ越し予定です。 その為の諸費用にあてさせていただきます。

スキ!ありがとうございます。
手まり職人をしています。 note では、詳しく丁寧に作り方の紹介をしていきます。 もっと詳しい説明が必要な方は 私のfacebookから、声をかけてください。 https://www.facebook.com/sonomi.nanahara
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。