見出し画像

張りメモ Wilson FIERCE CX7000J*CX66*22lbs

ラケット:ウイルソン フィアースCX7000J 6U5

ストリング:ウイルソン CX66 ブラック/ホワイト

テンション:縦横22ポンド 横糸軽く叩いて揃える

張り方:2本張り 横糸センターより下→上

面が大きめで横糸を下から上へ張ると、

中央から上側がやせて、下側が太りそうなので、

中央より下半分を張り、残り上半分を張るパターン。

縦糸を張り終えたら横糸を下から10本目、11本目に通し、

2本まとめてテンションをかけ、

11本目をスターティングクランプとマシンクランプで固定

横糸下半分を張り終えました。

横糸上半分を張って、

張り上げ終了。

このラケットはフレームサイド3-9時部分のグロメット、溝があるので

どちらから張るか要注意!

フレームの変形度合い

      張り上げ前 張り上げ後

12-6時 241.5 240.5

10-2時 168.5 167.5

 9-3時 186.5 185.5

 8-4時 172   172.5

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
バドミントン&ガット張りの店「ネットイン」代表。 ガット張りと健康にこだわり日々大切に生きております。 時々オルガン弾いたりもします。