見出し画像

【ライブレポ】サラ・オレイン クリスマスディナーショー2019 at 第一ホテル東京

先日12月24日は、第一ホテル東京にて毎年恒例のX'masコンサート🎄でした。

まずはクリスマス曲の定番、『White Christmas』から。
バイオリン壷井さんを筆頭に、宇宙的なサウンドで伴奏するサラバンド。

しかし一転してダークな響きに変わり、『Carol of the Bells』が始まります。
どこか悲しい…でも神秘的なメロディ。
2コーラス終えた後に、またもや急展開。
なんとメタル調に!(1曲めから振り幅が凄い。笑)
リハーサルの時に「お客さん…食べたものを吹き出しちゃうんじゃないかな〜」と心配してましたが、大丈夫でしたかね…?😅

2曲めは、やっと落ち着いて(笑)、『Bring the Snow』
2017年に公開された映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』の主題歌として、サラが日本語verも英語verも担当した曲です。
ファンの皆さんにはお馴染みの曲ですが、今回は日本が世界に誇るスーパージャズピアニスト🎹クリヤマコトさんが加わってくれたことで、いつもとは一味違った雰囲気で新鮮でしたね😊

続いて、12月4日のコンサート【Journey】でも披露したオーストラリアメドレー(Vivaldiの『夏』〜AC/DCの『Thunderstruck』〜『Back in Black』)。
クリスマスに『夏』!?
と思われる方もいるかもしれませんが、サラの出身地であるオーストラリア🇦🇺は日本とは真逆の気候。
そのため、クリスマスの時期は夏なんです!
日本人にはちょっと想像し難いですね…😅
オーストラリア行ってみたいな〜。

次は、イタリア🇮🇹の作曲家モンティの『チャールダーシュ』
壷井さんとサラの超絶技巧バイオリン対決🎻が見所でしたね!
でも、ユーモア溢れる壷井さんは曲の中盤(Molto Menoのとこ)で、毎回そのセンスを爆発させてくれます。
悪ふざけとも言います。笑

今回、壷井さんの悪ふざけは『寅さんのテーマ』!
譜めくりに失敗したんですかね〜😅
突然弾き始めたメロディに釣られてバンドも悪ノリ…サラまでノリツッコミでメロディ弾いてましたね。笑
でもMCでサラに「茶番」と一蹴され、少し可哀想でした… 😂

ところでサラとクリヤさんは今年2019年5月、イタリアのオペラ劇場「ヴェルディ劇場」にて公演を行い、現地のお客さんを興奮の渦に巻き込んだそうですよ!
(残念ながら僕は行ってません…😭イタリア行ってみたいな〜!)

そんな二人のデュエットでしっとりと始まった次の曲。
日本の冬といえば…という名曲を、クリヤさんが見事にジャズアレンジしてくださいました。
それは、昨日12月25日にラストコンサートを終え、47年間の音楽活動を引退された森昌子さんの『越冬つばめ』
後半から僕のベースも加わりましたが、意外にこぶしの利いたサラの歌い方が素敵でしたね〜😁

コンサートはまだまだ続きます。
山下達郎さんの『クリスマス・イブ』と、Wham!の『Last Christmas』という2つの定番曲をマッシュアップ風アレンジ。
いつのまにか曲が入れ替わって交互にお届けするというトリックアートのようなアレンジでした。
それにしてもクリスマスの曲って名曲が多いですよね!

続けて、11月に公開されたばかりの映画『アナと雪の女王2』から『Into the Unknown』
原曲をリスペクトしつつ、サラバンドの編成で表現できるようにアレンジしてお届けしました。
少し脱線しますが、演奏家視点だと、この曲には効果的な仕掛けが散りばめられていて、意外に難しいんですよね〜。
それでも聴いていると自然に入ってくるし、無理なく口ずさめる楽曲。
こういうのが人気の裏側に隠された秘密なんだろうな〜と勉強になります。

さらに熱気は高まり、3部構成のEDM『Fantasy On Ice』へと続きます。
この曲は今までに何回も演奏してきましたが、今回はスペシャルバンドアレンジで、サラバンドにとっても新鮮でした。
ディナーショーにも関わらず、立ち上がって踊り始めるお客さんもいらっしゃいましたね!
演奏家冥利に尽きます☺️

そして本編の最後に、カッチーニの『Ave Maria』
ここで、サラお得意のサプライズを披露…今回はなんとハープで弾き語り!
しかも、当初は【ピアノ伴奏あり】の予定でしたが、当日のリハーサルで急遽【伴奏なし】ってことに!
さすがのサラも焦ってましたが…そこは流石の天才Diva、自身の歌声とハープの音色だけで幻想的な世界を作り上げ、クリスマスに相応しく神々しい響きを楽しませてくれました。
ていうかハープを弾く姿は、もう完全に女神でしたね〜😆

その後、嬉しいことに拍手は鳴り止まず…
アンコールというプレゼントを客席のよい子の皆さんに届けるべく、赤い帽子を被り、白い髭を貯えて、気分はすっかりサンタクロース🎅

まずは『Have Yourself A Merry Little Christmas』から『Joyful Joyful』へと続くメドレー。
そして、讃美歌『サイレント・ナイト(きよしこの夜)』
歌いながら客席を練り歩くサラサンタに、皆さんは何をお願いしましたか?

最後の最後に、ラグビー🏉ワールドカップのテーマ曲『World in Union』を歌い上げ、幕を下ろしました。
サラの歌唱力に勇気を頂きましたね〜!

それにしても…対応するジャンルが幅広すぎ!笑
アンビエント、メタル、ポップス、ロック、民族音楽、演歌、クラシック、EDM…
僕はどのジャンルも好きですけどね!
この対応力がサラバンドの武器だと、我ながら感心します。笑

ところで、サラは「クリボッチ」という日本語独特な表現が気に入っているのか(?)よく使いますが、ファンに囲まれて過ごすクリスマスを十分に満喫したみたいですね😊

同ホテルでの打ち上げでは、サラサンタからサラバンドのメンバーにもプレゼント🎁

名前が彫られた箸🥢!嬉しい〜!

2020年もタナカイ🦌として、サラサンタのために精一杯走り続けますよ〜!笑

2019年12月24日(火)
サラ・オレイン クリスマスディナーショー2019 at 第一ホテル東京
【出演者】
サラ・オレイン(Vo, Vln, Harp)
クリヤマコト(Pf)
壷井彰久(Vln)
荒谷みつる(Gt)
佐藤大輔(Ds)
棚橋俊幸(B)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございました(^^) 記事の更新は、あなたのサポートに支えられています。 感想をSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

Thank You \(^o^)/
12
数々のステージとレコーディングの現場で培ったアンサンブルの極意を、日本中の音楽愛好家と分かち合いたい!! 老若男女問わず音楽愛好家を増やし、音楽という文化をもっと自然な形で日本社会に根付かせていきましょう!

こちらでもピックアップされています

ターナーのライブ情報
ターナーのライブ情報
  • 60本

ライブ/コンサートの宣伝や、公演後のレポートなど。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。