見出し画像

10年後の理学療法士業界の変化と、個人が準備すべきこと 【定期マガジン #1】

どうも、西川です。

理学療法士を取り巻く環境が、年々厳しくなってきている最近ですが、みなさんお元気でしょうか。

僕は今、中国で元気に仕事しています。

画像1

画像2


僕はもともと、今やっているようなテニス選手のサポートがしたくて理学療法士になりました。

なので個人的には、この業界をどうにかしたい!!みたいな熱い情熱だったり、理学療法士としてっ!!みたいな、崇高な理念は一切持ち合わせていません。


が、最近Twitterなんかで、理学療法士や日本のリハビリ業界のこれからを不安視されて、僕に質問が届くことが多くなってきました。

(そんなこと言われても、自分が頑張るしかないやん)

とか思いつつも、結構な数のDMなどが届くので、今後10~30年くらいの未来、理学療法士業界やリハビリ業界がどうなっていくか?

それに対して、一個人が今から準備できることは何か?

を僕の完全な独断と偏見でまとめてみました。



【みんなまじで、PT業界の中ばっか見すぎ】

PTさんは頭が良く、また愛国心強い人が多いのか。

理学療法がいかに素晴らしいものかのエビデンスを確立させて、政治力も強めて外への力をつけていこう!!

…みたいな人が多いのですが、なんというか小さいというか。

まず、業界の外から自分たちを見ないと何も始まらないのにね…と思いながら眺めてます。


早い話、明日日本が沈没したら、PTの地位ガー職域ガーとかいってる場合じゃないでしょ?

そういう話を今回書いています。これは半分比喩ですが、半分リアルです

僕らは地球に住んでいて、世界は確かに日々変化していて、その世界の流れの中に日本があり、医療があり、こんにちのリハビリないし理学療法というものがあります。


マクロの世界で起きている大きな大きな流れを無視して、やれPTの地位だとか収入だとか職域拡大だとか言ってても、世界の流れに逆らえるわけないんですよね。


むしろ、世界の流れを知ること。今日本や世界はどうなってて、今後どうなっていき、医療やリハビリ、理学療法士の業界はどんな影響を受けるのか。

それを正しく知って、その上で自分にできる準備をしていかないと、まじで沈没する時代がやってきたなと僕は思っています。


なので今回、ほぼ確実に来るだろう未来と、それに対して準備すべきことを、本音で書いてみました。

結構ボリューミーですし、事実に基づくことをオブラートに包まず書いています。

また今回、例によって、有料の壁を作ってみました。金銭的負担は高くないとは思いますが、有料にすることで、多少なりとも自分の未来を考えてる人しか読まないようにしています。

パブリックかつ無料の場で本音を語ると、変な人が群がってきますからねw

画像3

↑変な人たち


まぁ、僕にコーヒー奢って話聞いたくらいの感覚でポチってくれればと思います。


前書きが長くなってしまい、すみません。
それでは、はじめていきましょう。


この続きをみるには

この続き:8,756文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

「SNSで言えないトレーナー、PTの裏マガジン」のバックナンバーです。まとめてお買い上げいただくことで、30%ほどお得になっています。

または、記事単体で購入する

10年後の理学療法士業界の変化と、個人が準備すべきこと 【定期マガジン #1】

西川匠

950円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!!
17
国内や海外で、テニス選手のトレーナーをしています。理学療法士です。 Twitter:https://twitter.com/physio_tennis ブログ:takuminishikawa.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。