見出し画像

写真

こんにちは。Takumiです。

趣味がカメラで写真撮ることなんですが、その写真について今回話してみたいと思います。

そもそも私がカメラにハマったのは、
修学旅行のときに撮った金閣寺の写真を
尊敬する父に褒められたからです(単純)笑

そこからカメラ、と言うよりは『写真を撮ること』にハマっていきました。

今では一眼レフを使ってはいますが
写ルンです、デジタルカメラを使っていた期間の方が長いと思います。
綺麗な写真を撮りたいのではなく、
写真が撮れればそれでいいのだと自分の中で判断しています。

今ではInstagramやTwitterといった情報を共有するものが多くなっているため、
自分の撮った写真をたくさんの方に見ていただいています。
その中で私が最も重点をおいているのが
『考えさせる写真』です。
たとえば、

この写真だと
『あぁ、青い飲み物か。光が透けてて綺麗だな』などの印象を与えると思います。

しかし、私が求める『考えさせる写真』というのは

このように、『え、何これ?どうなってるの?』とか『どうやって撮ったんだ?』とか『魚がいるのか?上の赤とか緑とかは光がなんか変化してるのか?』とか…笑
色んなことが浮かぶような写真が好きなんです。

「見た側に伝わらないと意味が無いじゃないか」たしかにそうです。笑
しかし、伝わる人に伝われば私は満足です。
もし、私の写真を見る機会があれば、考えてみてください。きっと楽しいと思います。

話は変わりますが、『写真』って凄くないですか?

現実世界を瞬間的に画像として切り取ることが出来る。
思い出や、そのときの感情を画像として保存出来る。

すごいことだと思うんです。(語彙力)
これだけスマホというものが普及した今、写真を撮らない、という人はかなり少ないのではないのでしょうか。

そんな『写真』の魅力に私は惹かれました。

なんか、最終的に何が言いたいかわからなくなってきました。笑
とにかく、写真が好きなんです笑

一眼をもっているせいか、みなさん、よく写真について質問してくださります。
本心を言うと、めちゃくちゃ嬉しいです笑
私の知っている範囲であればなんでも伝えますし、協力します。

ただ、1つわかっていて欲しいことがあります。
私は、『写真』に優劣はないと考えています。
誰が撮ろうと、どういう風に撮影しようと、どんなカメラで撮影しようと、その『写真』は、その瞬間は、切り取るに値するものだったからです。
(ただ、謙遜はするので私は私の写真を雑に扱います笑)
技術的なことはたくさんお教えしますが
自分の撮った写真に誇りを持ってください。
絶対にそれは素晴らしいものです。

ここまで読んでくださった方。
ありがとうございます。あなたの『写真』に対する考え方が少しでも変われば幸いです。
私が協力出来ることはなんでもしますので
是非とも日常生活に『写真』を取り入れてみてください。

Takumi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
36