見出し画像

イベント記録|【11/7 開催】EDiT手帳 2018 トークイベント&ミートアップ -「新しい働き方」についてのトークイベントと手帳好き交流会 -

EDiT手帳 2018 トークイベント&ミートアップ
-「新しい働き方」についてのトークイベントと手帳好き交流会 -

手帳&ノートブランド「EDiT(エディット) 」では、EDiT 2018年版手帳の発売を記念して、“ EDiT 2018トークイベント&ミートアップ ”を開催します。前半のトークイベントは、EDiT のキーメッセージ、「新しい働き方。新しい手帳。」に合わせて、これからの時代における新しい働き方を実践しているゲストのおふたりから、「今後の働き方や生き方を考えるとき、何が大切なのか。何をするべきなのか」というヒントを伺うことができる予定です。また後半のミートアップでは、参加者同士やEDiT手帳の企画担当者が交流し、お互いの手帳の使い方を教えあったり、開発秘話を聞いたり、いっしょに楽しい時間を過ごしましょう。

【第1部 :トークイベント「自分らしい働き方・生き方とは !?」】
パラレルキャリア、副業やテレワークなど、ワークスタイルが多様化している中、自分に合った働き方を探している方もいらっしゃると思います。人材育成のプロ、伊藤羊一さんとパラレルキャリアを実践している高橋拓也さん、おふたりの話を参考に、今後のキャリアプランのヒントを探りましょう。

【トークイベント ゲスト】


■伊藤羊一さん

日本興業銀行、プラス株式会社にて企業金融、企業再生支援、ロジスティクス、マーケティング、事業再編・再生、経営に従事後、2015年4月ヤフー株式会社に転じる。ヤフーの企業内大学Yahoo!アカデミア学長、グロービス経営大学院客員教授として次世代リーダー開発を行うほか、各種アクセラレータープログラムのメンターとしてスタートアップのスキル育成を行う。

著書『キングダム 最強のチームと自分を作る』(かんき出版)

■高橋拓也さん

2014年9月に創刊した文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」の代表 兼 編集長。文房具が大好きで、ウェブマガジンを通じて文房具の素晴らしさを日本中、世界中に発信することをライフワークにしている。最近では文房具売り場のプロデュースや文房具メーカーと共同で販売促進企画を行うなど活躍の幅を広げている。本業は大手IT企業勤務のパラレルワーカー。

「毎日、文房具。」https://mai-bun.com

【第2部 : 交流会 EDiT手帳 みんなの使い方が知りたい!】


EDiT手帳をはじめ、お使いの手帳を持ち寄り、参加者同士で「こう使うと便利!」といった工夫ポイントを教えあったりしましょう。当日はEDiT手帳の企画者もいます。ぜひ、「こんなところがいい!」「もっとこういったページが欲しい!」といった声を届けてください。

また、さまざまな職業の方がいらっしゃると思いますので、この交流時間にも、新しい働き方や仕事のアイデア、そこから生まれるつながりや仕事があるかもしれません。

※当日はお使いの手帳をお持ちください

【イベント概要】

■日時:11月7日(火) 19:00開始 (18:45開場)

■場所:Takram Tokyo Meeting Hub アクセス

■定員:20名(EDiT手帳をお使いでない方もぜひ、ご参加ください)

 ※定員になり次第締め切らせていただきます

■タイムスケジュール 

 19:00~  開始 

 19:05 ~ 「自分らしい働き方・生き方とは !?」トークイベント

 19:50 ~ EDiT 手帳 2018年版のご紹介

 20:05 ~ EDiT手帳 みんなの使い方が知りたい!

 20:50  終了

 ※スケジュールは一部時間等の変更がある場合がございます。

■参加費:1,000円(軽食付き)

■その他:後日SNS等でイベントの写真を掲載する場合がございます。予めご了承ください。

【こんな方はぜひご参加ください!】

・新しい働き方に興味がある

・今後のライフビジョンを考えたい

・EDiT手帳を使っている

・手帳好き

・EDiT手帳を持っていないが、興味がある

・他の人のEDiT手帳の使い方が見てみたい

・EDiT手帳の企画者の話を聞いてみたい

【EDiTとは】

デザインステーショナリー・メーカー、株式会社マークスが「人生を編集する」をコンセプトに開発した手帳&ノートブランド。人気の1日1ページ手帳をはじめ、毎日をクリエイティブにする、シンプルかつ機能的なプロダクトは、日本のみならず、台湾、フランス、アメリカなど、世界各国でユーザーを増やしています。

2018年版手帳では、1日1ページ、週間バーチカル、週間ノート、月間ノートの4つのフォーマットを展開し、さまざまな働き方やライフスタイルをサポートします。

オフィシャルサイト:http://www.edit-marks.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ私が主宰している毎日、文房具。( https://mai-bun.com )やダイアログノート( https://dialognotebook.com/ )もご覧ください。

スキありがとうございます!
文房具が大好きで文房具の魅力を紹介するウェブマガジン『毎日、文房具。』 https://mai-bun.com/ を運営しています。著書→時間をもっと大切にするための小さいノート活用術 https://amzn.to/2TA1hkF

こちらでもピックアップされています

イベント記録
イベント記録
  • 4本

登壇したセミナーやイベントの記録です。 登壇依頼受付中です。ご連絡くださいませ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。