退職代行サービス会社の選び方

どういう基準で退職代行サービス会社を選ぶのか?
退職代行サービス会社は様々ありますので、
どういう基準で退職代行サービス会社を選ぶのかお伝えします。

交渉が必要な場合は弁護士か労働組合
未払いの給与や残業代・パワハラの損害賠償請求・有休消化などの交渉は
弁護士資格を持っているか労働組合である必要があります。
ですので、交渉が必要な場合は弁護士か労働組合が運営している退職代行を利用することになります。

追加料金を取られない
深夜連絡手数料や文書作成手数料のような正規料金以外の料金システムがあると、必要以上にお金をむしり取られてしまいますので、料金システムの確認が必要です。
「追加料金は一切ございません」のような記載があると安心です。

その他特典がある
退職届・有給申請のテンプレートや再就職のサポートがあるといいです。

安い
ここまでいろいろ挙げてきましたが、目的は退職(と交渉)だけであるため、
退職代行のサービス内容にはあまり差がありません。
となると一番重要なのが安いことになります。


参考
https://taishokudaikou.info/choose/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。