初アーユルヴェーダ

移動移動でぐったりしていたので、スリランカのレヌーカに「アーユルヴェーダ行きなさい!」といわれ、アーユルヴェーダ屋さんに連れていかれる。以下、その時のやりとり。

マッサージ師さん「服を脱いでくれ」
僕「はい」(パンツ一丁になる)
マ「いや、全部だ」
僕「はい」(パンツも脱ぐ)
マ「じゃあここにうつ伏せになってくれ」
僕「あのー、タオルとかはしないんでしょうか」
マ「ないほうがいい」
僕「はい」

マッサージを頭・背中・足にしてもらったあと、仰向けに。完全に全裸の状態で仰向けでマッサージを受ける。冷房が効いてて寒い。

マッサージ師は腹筋、腹筋の下のほうまでマッサージしはじめる。

マ「(あそこを指さして)ここもやるか?」
僕「ノーサンキュー」

どんなAV的なシチュエーションだ、とか思いつつ、「はい、やってください」と答えたら何が起きたのか、若干気になったまま、マッサージ終了。マッサージは上手だった。

あと、パンツは精神的防衛線の役割を果たしていることを知った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アリガトウ!
18
誰もが金融サービスを利用できる世界をつくるため、国籍を持たず世界をさすらっています。http://gojo.co/

こちらでもピックアップされています

日記
日記
  • 62本
コメント (1)
眉間?額の髪の生え際?あたりに、ハーブ?スパイス?を使ったオイルを垂らすだけじゃ無いんですね〜( ゚д゚)
そして、全裸にさせるなら暖房にしといて欲しいと他人事ながら思いました。

風呂と更衣室以外の空間で、他人の前でパンツまで脱ぐ全裸は中々無いですからね〜。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。