自分にとって大切な曲の話

今からもう6年近く前、僕は仕事に追われてメンタルが沈みかけていた。
黙々と仕事しては家に帰る日々がどこまでも続く。
少しずつ心が削れていく。
でんぱ組.incを知ったのは、そんな頃だった。

ちょっとの空き時間にYouTubeをつける。
W.W.D、ノットボッチ...夏、サクラあっぱれーしょんの3曲をヘビーローテーション。
気持ちが折れそうなときも、でんぱ組の曲を聴いていると何とかなりそうな気がした。
そして気づけば繁忙期を乗り切っていた。

さて最近、またW.W.Dをよく聴いている。

やっぱいいわぁ。
MVがいい。衣装もいい。
何よりメロディと歌詞が好き。
彼女たちの辿っている道は決して明るいものではないけれど、行く先には光を見据えている。
そんなストーリーがキラキラしたジェットコースターのようなメロディに乗せられて歌われている。
今でも聴くたび、また自分も頑張ろうって思えてくる。

なんだこいつ、懐古厨か。
まぁそうです、懐古。
でも懐古って大事だな、と最近思う。

僕にとってW.W.Dは、しんどい時期を乗り切る力となった曲であるだけでなく、でんぱ組にハマったきっかけの一つでもあり、思い入れのある大切な1曲。
ただこの曲は現在はグループにいない、もがちゃんねむさんの2人がいた当時の6人だからこそ成立する歌。
メンバー変更後はライブ等で一切披露されていないし、たぶんこの先もそうなのだろう。
そうなると、比較的最近でんぱ組を知ったファンは、もしかしてW.W.Dを聞いたことはおろか、知らない人すらいるのではないか。
それはなんとなく寂しい。

季節の変わり目になると放送される、『昭和歌謡曲~』とか、『年代~』とか昔の曲の特集番組。
あたりまえだけど、特集される楽曲のほとんどは今週の音楽チャートにランクインしているわけでも、最近の映画やCMタイアップでもない。
それでもこういう番組が求められるのは、時々でも聴くと安心するとか、自分の大切なことを思い出せるとか、そういった理由なんだと思う。
ファン一人ひとりの思いが、楽曲を埋もれさせることなくずっと生かし続けている。
だからやっぱり、良いと思う曲は良いと言いたいし、人にも伝えていきたい。
そうして自分の大切な曲が、他のたくさんの人にとっても大切に思われ続けてくれたら、それはとても嬉しい。

懐古って今を否定するニュアンスに受け取られがちだけど、今はないものを今あるものと同様に大事にすることはきっと悪いことじゃない。
だから伝えていきたい。
W.W.Dやっぱいいわぁ。


4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。