見出し画像

物件:要件確認の方法


本noteは「自分でやってみようと思ったけど、やっぱり不安だ」という方に向けた補足記事です。

物件の確認については以下の記事をご確認ください。


本noteでは、以下のワークシート(word)をご取得いただけます(詳細は解説は、上記リンクをご確認ください)。

1/2:本書式は、ローカルルールを落とし込んで修正したのち、プリントアウトして、直接書き込んでいく方法を予定しています。

2/2:確認すべき事項を洗い出したら、実際の確認作業に移ります。


おまけ:平面図案です。ローカルルールを落とし込んで修正してください。不動産管理会社様にお渡しして、該当する条件の物件があれば紹介いただくために作成します。



この続きをみるには

この続き:497文字

物件:要件確認の方法

LIM@note支部

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

より良い事業の在り方を探求すべく、好き勝手書いております。もしも好い反応があると、更新の励みになります。。!

もっと良い記事かけるよう頑張ります!
1
noteを軸とした情報発信を行います。行政書士としての事務所経営考察や福祉事業にお役立ちできそうなマニュアルを作成したりしています。代表行政書士ヨシカワの運営するブログサイトはこちら⇒http://syoshikawa.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。