情報リテラシー論 第1回

第1回の情報リテラシー論はインターネットの歴史について学びました!

まず、インターネットのURLについているwww、これ、"World wide web"の略なんだそうです。ウェブサイトというものが1993年にはじめて公開されそれから26年がたち、いまとなってはインターネット利用者数は全世界で40億人となっています。

来年からは通信が5Gになり、通信速度が現在の100倍にもなるということで、ますますネット人口は増えていくかもしれませんね。

主要なウェブブラウザは、わたしが知っているものではSafari、Chrome、そしてFirefoxも若干...というくらいでしたがIE、Opera、Edgeなども主流らしく、現在ではChromeを使っている人が1番多いようです。それについてはこの動画 https://youtu.be/es9DNe0l0Qo を参考にすると良いです!

ネット人口が増えていく現代、ネットでの出会いなども多くあるようですが詐欺などもあるのでそれはなかなか考えものですね...

なにはともあれ、世界がネットで繋がり、IoTなども生まれ進化し続けている今、楽しみである反面、近い未来への期待が大きくなっていっていますね。ネットなどを使って出来ないことは無くなるんじゃないかとすら感じてしまいます。

私たちが生きている間に世界はどれだけ進化するのか、たのしみでなりません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。