ヤクザのせいで結婚できない! ep.85

 大げさじゃなく目の前に星が散った。ベンチに倒れ込んで膝を打ったけど、それより頬っぺたの方がじんと熱い。

「なっ……な、なに」

 何が何だかわからないでいると手が伸びてきて、今度は襟首をぐいとつかみあげられた。

「ジーノと別れなさい」
「は……?」
「彼が普通の人間じゃないことは分かったでしょ。彼にはもう会わないで。連絡が来ても無視しなさい。優しく言ってるうちに理解して」

 優しくない。全然優しくない。
 ていうか何でここにいるの? あたし、何で殴られたの?
 口をパクパクさせていると、サンドラは鼻を鳴らして手を離した。
 呆然とへたりこんだあたしを緑の瞳が見下ろす。
 見上げるサンドラは圧倒的に可愛かった。絶対かなわないって思い知るくらい。

「理解したわね。ジーノには二度と近づかないで」

 踵を返したサンドラのヒールが高く鳴った時、あたしの中で何かがブチッと切れた音がした。

「……ちょっと待て」

 響いた声は自分の口から出たと思えないくらい低かった。サンドラが足を止めて、怪訝そうに振り向く。
あたしは立ち上がると、サンドラへ向かって大きく踏み出した。大股で一歩、二歩、三歩目に思いっきり勢いを乗せて腕を奮う。
スパーンッ! と景気のいい音がして、あたしの平手がサンドラの頬にクリティカルヒットした。。

「きゃっ……!」

 サンドラがよろめいて、たたらを踏む。
 じんじんと手に残る感触を握りしめて、あたしはサンドラを睨みつけた。

「いきなり人のことぶん殴っておいて、何勝手なこと言ってんのよ! あんたの言う事なんか、絶対に聞いてやるもんか!!」
「なっ」

 頬を押さえたサンドラの目に激しい怒りが浮かんだ。

「信じられない。あなた、自分が何したのか分かってるの?」

 美人なだけにド迫力だ。だけど、全然ひるむ気にはならなかった。

「十分わかってるよ、マフィアの娘だから何!? 伊達にヤクザの娘やってないんだよ、そんな脅しなんかにビビるわけない!! おととい来やがれってんだ!!」
「はあ!? お、おとっ……?」

 ひるんだサンドラにあたしは畳みかけた。

「だいたい、とっくの昔に足を洗った慧介さんを無理やり引っ張り込むなんて、マフィアの世界だってルール違反でしょ! 手を引くのはあんたたちの方じゃない!!」
「組織を抜けるなんて私は認めてないし、ジーノがファミリーなことに代わりないの!」
「決めるのはアンタじゃなくてボスでしょうが! 筋通して辞めて、今更関係なくなった堅気に迷惑かけるなんて恥ずかしくないの!?」
「うるさいっ!!」

 バシンッ! とまた頬を張られたけど、すかさず踏ん張ってやり返す。
 顔を真っ赤にしたサンドラがこぶしを握ってめちゃくちゃに殴りかかってきた。
 上等だ、やってやる。
 完全に火が点いたあたしも迎え撃った。
 掴んで、ひっかいて、蹴り飛ばして、揉み合う。
 ムカつく。ムカつく、ムカつく、絶対負けない!

「何よっ…何よ何よ、なによっ! あんたなんかっ、」

 サンドラがこぶしを振り回しながらイタリア語でまくし立てた。多分かなり汚い罵倒の文句だろう。分からないなりに腹が立って、あたしも怒鳴り返した。

「あんたこそ何なのよ! いきなり来て、朱虎奪ってって、それでいきなりぶん殴るなんてふざけないでよ!! 慧介さんなんかどうでもいいから朱虎返してよ、バカッ!」
「私だってアケトラなんかどうだっていいのよ! 何が慧介さんよ、ジーノを返して!!」

 ん?

 熱に浮かされた頭の片隅で何かが引っかかって、あたしは手を止めた。同じようにサンドラも目を見開いてこっちを見つめている。

 今、なんか――

「やめろっ! やっ、やめろやめろ、やめろってばっ!!」

 何か言う前に、必死の顔をしたミカがあたし達の間に飛び込んできた。

「お、落ち着け……落ち着け、なっ、やばい、ヤバいからマジで」
「へっ」

 しまった、ここって駅のド真ん前!
 あたしは慌てて周りを見回した。いつの間にかぐるりと人だかりができている。駅員さんが及び腰で、あたし達の様子を窺っていた。

「ケンカは……やめていただけますかね、女の子だし、ね」

 ひきつった顔で言われる。どうやら、止めるに止められなかったらしい。

「す、すみません」
「まあね、とにかくこっちに来てください。ちょっと駅員室でお話を」

 サンドラが鼻を鳴らして踵を返した。ぐしゃぐしゃになった髪をかき上げ、「あ、ちょっと」と止める駅員さんを完全に無視してさっさと歩き出す。

「待ちなさいよ!」

 あたしは後ろ姿に向かって叫んだ。

「あんた、慧介さんのこと好きなんでしょ!」

 サンドラの足がぴたりと止まった。勢いよくこちらを振り向く。

「なれなれしく慧介って呼ばないで!」

 怒鳴った顔は耳まで真っ赤になっていた。

「――朱虎君、サンドラを知らないか。見当たらないんだが」
「ああ、出かけるとか言ってましたが」
「おいおい。目を離さないでくれって言ったろ」
「船の中ならともかく、外までは知ったこっちゃねえですよ」
「それはまあ、そうだけど。どこに行くか聞いてるかい?」
「知りませんね」
「……まあ、いいか。外ならそう心配しなくても……」
「煙草いただけますかね、先生」
「どうぞ。……」
「何ですか。まだ何か用でも?」
「志麻ちゃんのことだけど。やっぱり、僕からちゃんと説明しようかと」
「またその話ですか」
「でも」
「いいんですよ。下手に事情を話すと首突っ込んできやがるんでね、あのバカは」
「……もう突っ込んできたけど」
「え?」
「いや、何でも」
「先生、俺ァ雲竜組もお嬢も巻き込まねえって約束であんたの話に乗ったんだ。あの姫さんの相手もキッチリやってる。それでいいでしょうが」
「しかし……」
「うるせえな。そっちこそあのお姫さんに何も説明してねえだろうが。俺のことをグダグダ言えた義理かよ」
「……確かに。だが、これじゃ君の帰る場所がなくなってしまうんじゃないのか」
「それこそ余計な世話ですよ、先生。……帰る場所の心配するほど余裕がある状況でもねえ」
「それは……確かにそうだけど」
「とにかく、お嬢と接触は無しだ。いいな、先生」
「分かった。騒がせて悪かったね」
「別に。――ああ、それと言っとくことがあります」
「何だい?」
「次にお嬢を馴れ馴れしく名前で呼んだら、テメェの顎をブチ割るからな」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ヤクザのせいで結婚できない!」は毎週月曜・木曜の夜に更新します!

楽しんでいただいて嬉しいです!
2
ものを書くのが好きです。 ただいま、「ヤクザのせいで結婚できない!」を投稿しております。 ヤクザの家の娘が見合いしまくる話です。ラブコメ好きの方、ぜひお読みください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。