見出し画像

#コミティア に行って感じたこと。コミュニティは大事だなぁと。

売り場を構えている際に気をつけたいのは、いかにして振り向いてもらうか。作品を公開して待っててもお客さんは買ってくれないし、ましてや足を止めてもくれない。

まずは、注意を惹きつけることが重要。

そのために有効だと思ったのが、以下の3つ。

1 売り手と売り場の見た目
2 商品の惹き、個性
3 コミュニケーション

1について

やっぱり美人は最強。
売り場は大きくて目立つものをドカンと置いておくと、注意を喚起できる。
タブレットじゃ小さい。ボリュームのあるものがいい。ぬいぐるみとか。

2について

尖ってるものは目に留まる。パンダとかが気になった。どうしても同カテゴリの商品は目立ちにくい。あと、英語の漫画。個人的にはIT系というのもあって、ステッカーが良かった。パソコンに張る習慣がある人にとってはキラーコンテンツにも。

3について

どうぞ、見て行って下さいと言われると、やっぱり見ちゃう。小さいことなんだけど、これ大事だしほとんどの人がやってなかった。
自分が買ったのは声をかけられたお店。
そこでやり取りして人となりが見えて来ると、じゃあ、と購買に至りやすい。

結局、来てる人は商品に対する価値じゃなく、そういう人間にしかできないやり取りを求めに来ている気がした。

人は商品なんかどうでもいい。何がしかでつながりたがっている。

こんなことを学べた楽しいイベントでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「SNSシェア、はてブ」をしてもらえると、とても嬉しいです!(それが励みになります) あと、記事下から「おすすめ」のクリックやプロフィールからTwitterのフォローもお願いします。

記事シェアやSNSでのフォロー、オススメのクリックもお願いします!
4
プロブロガー&重版作家。副業→好きな仕事で独立→セミリタイア。 http://laugh-raku.com/ https://investment20.biz YouTubeなどでもお金の稼ぎ方、増やし方を配信> https://twitter.com/TwinTKchan

こちらでもピックアップされています

最近の学び
最近の学び
  • 96本
コメント (2)
同人てファンが作品を買いにいくケースが多いのかな。現地で初めてクリエイターを知って購入というのは難しいと感じた。
そうなのですか!ぶっつけで行くイベントじゃないですねー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。