見出し画像

サラリーマンなのにまだYouTubeはじめてないの?…今ならまだ間に合う【実名ナシ・顔出しナシ戦略】

~YouTube登録者を5ヶ月で100人⇒10,000人にした方法の全て~

※7月5日 最終更新

まずはこちらをご覧ください。

収益公開

これは僕がはじめて収益化に成功した時、つまりチャンネル登録者が1,000人を超えたあたりでのデイリー収益です。

過去のものなので公開してしまいますが1日に1,500円~3,500円程の収益があったというわけです。

1ヶ月30日ですから月45,000円~105,000円の副収入です。

この金額をどう捉えるかはあなた次第ではありますが”給料とは別に”入ってくる副収入だと考えると悪いものではないと思いませんか?

毎日のランチを豪華にすることもできるし、デートで行く場所も変わるし、疲れたらタクシーで移動することもできるし、今まで買えなかったブランド物を手に入れてカッコつけても良いでしょう。笑

上記はあくまで例ですが「今の生活にあと5万、あと10万あれば…」と思う方は非常に多いと思います。

だからこそ、副収入があるだけで生活が変わるというのは事実です。


その上…


YouTubeは”資産”になります。

どういうことかと言うとコンビニのアルバイトなどの時給労働とは違い、1度つくった動画が働き続けてくれるということです。

あなたが寝ていても、遊びにいっていても、動画が視聴されていればそれは稼ぎになるのです。


さらに!


YouTubeはその資産を”積み上げていく”ことができます。

動画が増えていけば再生回数もあがりますし、チャンネル登録者が増えていけばその分多くの動画をみてもらうことができるようになります。

つまり、再生回数やチャンネル登録者は雪だるま式に増えていくのです。

同時に収益も増えていきます。

コンビニのレジは何時間取り組んでも時給は800円です。

しかしYouTubeであれば取り組んだ時間に対してリターンは無限大です。

このように資産性のある副業に取り組むべきだと僕は思っています。


さらにさらに!


失敗したとしてもリスクがありません。

たしかにヒカキンさんのように顔出しYouTuberになろうと思ったら炎上して信用を無くすとか、全然再生されなくてリアルの知人にバカにされることもあるかもしれません。

でも、実名ナシ顔出しナシであればそんなリスクはありません。

もちろんただ動画を撮るだけですから金銭的なリスクもありません。

だから、もはや挑戦しない方が損だとすら思っています。

だからこそ僕は挑戦してみることにしたわけです。


おかげさまで僕のYouTubeチャンネルの登録者数は10,000人を超えました。

チャンネル登録者推移

5ヶ月前までは登録者数100人でしたらから、わずか5ヶ月で登録者が100倍以上になったということです。

とは言え…

僕は無名のサラリーマンでありTwitterやInstagramなどで多くのファンがいて、そこから流入してきているというわけでもありません。

その上、実名出しナシ、顔出しもナシでやってきました。

まさにイチから…いや、ゼロからのスタートです。


それでも!

YouTubeで結果を出したいという想いが生まれたので、遅い参入とはなりましたが2020年に入ってから本腰を入れ始めました。

とにかく多くのコンテンツや教材に触れ、YouTubeを研究し、実際に動画をつくり試行錯誤を繰り返しました。

その中で、動画制作の”重要なポイント”がわかってきました。

実際にそれを意識してからチャンネル登録者数はグングンと伸びていきました。

これを早いタイミングで見つけられたのは幸運だったとしか言いようがありません。

もし気が付かないままなら、結果はまだ出ていないでしょう。

何もわからないまま、ただやみくもに取り組んでいたことを考えると本当に恐ろしいです。

実際に、他のYouTuberさんの動画をみていても、数字が伸びている人は明確にそのポイントを意識しています。

更にいえば他のコンテンツ。

テレビ番組、アニメ制作などの職業クリエイターたちでさえも同じことを意識しているんだな~という事がわかるようになりました。

つまり、それくらい大切なことです。


逆に言えば、そのポイントを押さえたチャンネル運営さえしていれば「実績がなくて」「無名でも」「普通のサラリーマンが」「実名ナシ」「顔出しナシ」でYouTubeを副業にすることができるというわけです。


このnoteは僕が今まで研究し、実際に動画をつくりチャンネル運営で試行錯誤してきた内容をまとめています。

これからYouTubeを始めてみたい、いま取り組んでいるけど結果が出ない、頑張っているけど不安だ…そんな方にはぜひ読んで頂きたいです。


僕はこう思います。

自己流で取り組むのも一手です。

でも、他の人がやってきたことを知った上で取り組むのはすごく意味があることだと。

ゲームなら攻略本、勉強なら参考書が役立つように、スポーツでも習い事でも、上手くいっている人から習い吸収することは上達の近道だからです。

ただ!

”誰に教えてもらうか”がそれ以上に重要です。

・天才型の人からポイントを教えてもらう
・平凡で苦労してきた人からつまづいたポイントを教えてもらう

これは意味がまったく異なるからです。

上達には自分が参考になりそうな人から吸収するべきなのです。


逆に言えば、自分と合わない人からのアドバイスは時に害悪にもなりえます。

スポーツなど何かしらの習い事をしていた方なら「このコーチはなんか合わないんだよな…」と言う感覚は経験があるのではないでしょうか?

なので、ルックスが良くてスター性があって喋りもうまい上に知性的…そういう人のYouTube戦略から学べる事と

僕みたいに実名顔出しナシで無名のサラリーマンから学べるYouTube戦略はまったく違います。

だからこのnoteは自分のルックスや有り余る才能でYouTubeに挑戦してみたいという手越祐也くんのような方には役に立つ内容ではないのでオススメしません。

その代わり

顔出しナシで自分のプライベートや普段の仕事は大切にしながらもYouTubeに挑戦してみたいと考えている方には適している内容だと自負しております。

YouTubeはまだまだこれから伸びていきます。いわばまだ”初動”です。

2020年になり芸能人や企業がようやく参入してきたくらいです。

まだ遅くありません。

それに、多くの芸能人や企業が入ってきても、それは単純な敵ではありません。上手く使えば味方にもなりえます。このあたりの考え方についてもnoteで解説しています。

いまYouTubeで人気をつくっておけば、これから長い期間に渡ってその恩恵を享受していくことができます。

もちろん広告費を受け取ることもできますし、今後生まれてくるであろう新たなSNSサービスなどへの流入もしやすくなります。

だからこそ、無名の人が多くのフォロワーを得るには”今がチャンス”です。

でもこれを逃すと次の波はいつか分かりません。

その上、YouTubeに参加してくる素人は戦略や準備が無い人が大半です。

だから、少しでも戦略を学んでから参加するだけでも一歩抜き出ることは容易です。

ここまで読んで、少しでもやる価値があるんじゃ無いかと感じたらぜひ行動してみてください。

このnoteがあなたの良きお供になるように心より願っております。

〈目次〉
■動画ビジネスは可能性に溢れている

■チャンネル運営の準備をしよう
 −趣味や特技が何も無い人へのオススメ
 −やりがちだけど絶対にNGなこと
 −導入すべきYouTubeツール(無料でもここまで出来る!)

■YouTubeのシステムとアルゴリズムを徹底理解!
 −面白い動画をつくっても再生されない理由がある
 −システムに優遇される動画制作の”ポイント”とは?

■チャンネル登録者0〜1,000名まででやるべきこと
 −大切なのは●●
 −●●されるまでが勝負
 −やってきたチャンスを逃さない秘訣とは

■登録者が増えてきてからのチャンネル運用
 −勝ちパターンを●●●しよう

■一連のステップを総まとめ

■おわりに(おまけ付き)

※本noteは再現性があると考え毎月1日に部数限定で販売しています。

※すでに15,000字以上のボリュームがありますが、これからも更新や追記を行います。大幅な追記をした場合には値上げいたします。ですが一度ご購入いただければ追記したあとの記事も閲覧できます。つまりいまが一番おトクな価格です。

…と言うことで、前置きが長くなりましたが早速やっていきましょう!

この続きをみるには

この続き: 12,785文字 / 画像19枚
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 5 / 5

サラリーマンなのにまだYouTubeはじめてないの?…今ならまだ間に合う【実名ナシ・顔出しナシ戦略】

すあし@YouTuberサラリーマン📺

2,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい!だいすき!
6
チャンネル登録2020年1月100人⇒現在11,000人YouTuberサラリーマン📺兼業投資家 ▶世界情勢、オトナの教養、経済、投資、働き方、副業についてがメインテーマ ▶2020年はYouTubeをがんばると決めた30代 ▶ブログもあるよ ⇒ jasper2nd.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。