株式会社スタイルポート

「空間の選択に伴う後悔をゼロにする。」をミッションに、住宅3Dコミュニケーションプラットフォーム「ROOV(ルーブ)https://roov.jp/」を開発、提供するスタイルポートのメディアです。ROOVに関わるメンバーの想いを届けます。

株式会社スタイルポート

「空間の選択に伴う後悔をゼロにする。」をミッションに、住宅3Dコミュニケーションプラットフォーム「ROOV(ルーブ)https://roov.jp/」を開発、提供するスタイルポートのメディアです。ROOVに関わるメンバーの想いを届けます。

    マガジン

    • インナーイベントレポート

      スタイルポートで開催した、主に社内イベントのレポートをまとめたマガジンです。

    • 【スタイルポート】社員インタビュー

      スタイルポートで活躍するメンバーのインタビュー記事をまとめています。

    最近の記事

    プロダクトグループ Meet & Greet in 札幌

    こんにちは。プロダクトグループの橋上です。 スタイルポートでは定期的に開発メンバー間の交流会として Meet & Greet を開催しています。今回は 7月14・15日の二日間、札幌で行いましたので、その様子を紹介します!個別の詳細内容は割愛してありますが、スタイルポートにおける開発現場の雰囲気やメンバーたちの印象が少しでも伝われば幸いです。 Meet & Greet の趣旨プロダクトグループでは  1. VR内覧システム「ROOV walk」  2. 住宅販売支援システ

    スキ
    7
      • 「下駄をはかせてもらわず自分のちからで、上場に漕ぎつけられるか試したい」監査法人出身CFOがスタートアップを選んだ理由

        ※人材紹介エージェント「JAPAN FAS」様の、コーポレート(特に経理・法務)キャリア支援 ・ベンチャー、スタートアップの魅力を伝えるnote「デンタツ」の内容を許可をいただき転載しています。 学業としての得意と将来の仕事 ――小野田さんは、どんな学生時代を過ごされたんですか? 高校生の時に数学や物理などの理系科目が得意だったことから、私大の理工学部に進学。入学したものの、クラスメイトとは違い、難解な微分積分や実験に熱中できない自分がいました。その時に「学業としては得意だ

        スキ
        4
        • 「Our Value」について詳しくご紹介する件【スタイルポート頻出ワード】

          Our Valueとは?スタイルポートには、創業当初に制定された憲法とも言える、大事にしている価値観「Our Value」があります。 Be Innovative まだ世の中に存在しない価値をつくろう All for One チームの力を最大限に発揮して大きなWillにチャレンジしよう Play Fair オープンかつ誠実な姿勢で公正をつらぬこう この3つは社内で非常に大切にされており、役員からメンバーまで全員が日頃から心掛け、折に触れ「Valueと照らし合わせるとどうか

          スキ
          4
          • 第1回モデリンググループ交流会を開催しました!

            モデリンググループは、クラウド型VR内覧システム「ROOV walk(ルーブ ウォーク)」の、まさにVR制作を担っているグループです。普段は北は北海道から南は九州まで、全国各地で、全員がフルリモートで業務をしています。 このnoteでは、約2ヶ月ぶりにグループメンバーが全員集まり開催した、2022年7月1日の交流会の様子をお届けします。 第1部:自己紹介アクティビィとマシュマロチャレンジ 午前中は実際にROOVをご利用いただいているクライアント様のモデルルームを見学。午後

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • インナーイベントレポート

            • 2本

            スタイルポートで開催した、主に社内イベントのレポートをまとめたマガジンです。

          • 【スタイルポート】社員インタビュー

            • 4本

            スタイルポートで活躍するメンバーのインタビュー記事をまとめています。

          • インナーイベントレポート

            • 2本

            スタイルポートで開催した、主に社内イベントのレポートをまとめたマガジンです。

          • 【スタイルポート】社員インタビュー

            • 4本

            スタイルポートで活躍するメンバーのインタビュー記事をまとめています。

          記事

          記事をすべて見る
            • 住まい選びをもっと自由に、効率的に。人材、医療業界での実績を引っ提げ、住宅産業の変革に挑む

              代表取締役の間所 暁彦と共に、株式会社スタイルポートを創業した中條宰。前職の2社では数々の新規事業開発に携わり、その多くを成功に導いてきました。2022年6月現在、取締役としてアドミニストレーションユニットを管掌する彼が、創業のきっかけやそこにかけた想い、大切にする3つのバリューについて語ります。 紙からWeb、人材業界から医療業界までーー独自の手法で市場を切り拓いた前職時代大学を卒業した中條がキャリアのスタート地点として選んだのは、株式会社リクルート。人材系事業の企画、

              スキ
              4
              • サービスの成長とシステムの変革を。 唯一無二の経歴を持つグループマネージャーの矜持

                2019年4月に、VR内覧システム「ROOV(ルーブ)」をローンチしたスタイルポート。今回は、VR元年と呼ばれる2016年のROOV構想段階から、エンジニアとしてその根幹を担い続けているプロダクトグループGMの吉田 巧自身のこれまでとこれから、そしてスタイルポートで描く未来をお伝えします。 (初回公開:2019年12月17日、役職や内容は初回公開時のままとなっています。) 違うのが当たり前と受け入れた上で、普遍的な価値を追求したいスタイルポートは、2017年10月に創業した

                スキ
                2
                • 住環境に関わるあらゆる情報格差を解消する。不動産DXを推進するCTOが歩んだ軌跡

                  CTOとして、事業フェーズに合った技術戦略の立案に取り組む木村 將。いわば“経営と技術の繋ぎ役”として開発チームをリードし、プロダクトの進化や事業の発展に大きく貢献してきました。「住環境を今よりも良いものにしたい」という想いとともに、これまでを振り返りながら、仕事の魅力ややりがいについて語ります。 未竣工物件のデジタルツインにVR上で誰もがアクセス、住宅購入時の情報格差を解消デジタル技術を不動産分野に応用し、新サービスの開発や技術革新に取り組むスタイルポート。“空間の選択に

                  スキ
                  3