7000円で売れた本を紹介(仕入れ実況中継)
見出し画像

7000円で売れた本を紹介(仕入れ実況中継)

ひろ

音声配信をはじめました。

ラジオの台本を掲載しています。

興味がある方はよろしければお聞きください。

スタエフ:副業で自由になるラジオ

プロフィールからブログもご覧ください。(販売例を多数公開しています)

~~

今日は本せどりの仕入れ実況中継ということで、結構チャレンジングな仕入れをした本が売れた例を紹介したいと思います。

いくらぐらいがチャレンジングな仕入れかは個人によると思うんですけど、
私の中では2000円ぐらいだとちょっとチャレンジかな。

すぐ売れそうだったらあんまり気にならないですが、今回仕入れたのはちょっと大きめの利益を狙いに行ったので、正直、売れてよかったです。

今回販売した本は『台湾書籍設計最前線』という本です。

台湾で売られている本のデザインのアート集みたいな本で、ムック本コーナーの芸術のところにありました。

結論から言うと、1600円で仕入れて7000円で売れました。利益は4000円くらいです。

これが気になったのはシュリンク包装されてたんですね。

シュリンク包装は、透明なラップみたいなビニールのカバーです。


あと背表紙でタイトルがわからなくて、「何だろうこれは?」と気になりました。

出版社のところに東京芸術大学と書いてあって、
大学の出版系は高いなって知識があったのでリサーチしてみました。

回転率は悪いんですけど最安値は17000円ぐらいで売られてたんですよね。

実際に売れてるのは5000〜6000円とかそのぐらいのラインだなっていうのがリサーチツール(keepa)で分かりました。

そもそも定価はもっと安くて2500円くらいだったか、3000円はしてなかったと思います。

ちょっと高めの出品が続いていて、最低でも4000円ぐらいでは売れそうだなと。

それでも1400円ぐらい利益が出せて、もしかしたら8000円ぐらいいけるかな?と思って仕入れました。

この時に17000円に合わせて出すこともできるんですけど、

私の感覚としてはそれよりも確実に売り切りたいので

リサーチツールで実際に売れてそうな価格に合わせることが多いです。


今回は出品から1ヶ月ぐらいで売れました。

1600円を1ヶ月置いといたら5600円ぐらいになって帰ってくる。

投資と考えるとめちゃめちゃすごい利率のいい投資です。

1か月で3.5倍になるんですから。


リスクを取らないとリターンは見込めないので、売れ残るリスクはありますけどね。


リサーチツールで調べはしたんですけど、

”データに基づいて絶対売れるって確信を持って仕入れた”、というより、
”なんか面白そうな本で欲しい人はいるだろうな”という自分の感覚を信じた仕入れです。

基本的にはリサーチしてそのデータをベースに客観的に仕入れ判断するべきなんですけど、たまにこれは売れそう!という自分の直感を信じて仕入れることもあります。

それはたまのお楽しみです。

機械的に仕入れるだけのせどりだったら誰でもできるので、
「リサーチツールをちゃんと見たからほぼ売れるでしょ」と飽きる時もあるんですよね。

たまに不確実性と言うか、

「絶対売れるとは言い切れないけど売れると思う」、

「なんかピンと来たぞ」みたいな仕入れを織り交ぜています。


仕入れ資金に余裕がある人やだいぶ仕入れに慣れてきた人は、飽きずに楽しくせどりするためにも、ちょっとした遊びの要素を入れてみると楽しいと思いますよ。

今回は売れたから良かったものの、全然失敗することもありますけどね。

自分が見てみたいなぁと思う本があったときや
自分の直感を試してみたいという時もたまにあって良いと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます✨
ひろ
子ども2人(5歳、3歳)のワーキングマザー。経済的自由を目指して副業に挑戦。スキマ時間の副業でゆるく月12~15万円の利益を継続中。 ブログ(https://livemylife-sidejob.com/)で副業実践記を発信しています。