Adobe)Creative Challengeに挑戦する!の巻 ~後編~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Adobe)Creative Challengeに挑戦する!の巻 ~後編~

すまいりす🌻新しい働き方LAB)第1期研究員

前回、Adobe)Creative Challenge 第1回~第4回をお送りしました。

今回は第5回~第8回までの後半をお届けしたいと思います(*´▽`*)


【第5回】

提出)5番目
テーマ: デートに連れて行きたくなるお店(客単価2万円)の広告を作ってください
 ターゲット:34歳男性(会社員/年収420万円)
・制作期間:8日間
・制作時間:2時間30分

画像1

・チャレンジ要素:初めて自身が撮影した写真を加工し、素材として使用しました!

・提案文:
1、ターゲットや状況の分析(誰に)
音楽が好きで、普段からJazzを中心によく聴いている、広告代理店に勤める34歳の男性。
最近知り合った取引先の女性に一目惚れ。
首尾よくLINEを交換することに成功し、やり取りの中で彼女がまもなく誕生日を迎えることを知る。
コロナ禍のため、仕事以外でなかなか外出することも出来ず、フラストレーションが溜まっているという彼女に、
少しでも喜んでもらいたい。願わくば、結婚を前提に付き合って欲しい…。

2、伝えたいこと(何を)
日々の中でちょっと特別な1日を演出するためのロケーションとして、高級感のあるライブハウスを選択しました。
海外アーティストの演奏は普段生で聴くことがなかなか出来ないので、その点でも特別感を感じさせるシチュエーションです。
ポスターに記載の通り、『どこにもない日常』を共に過ごすことで、二人の距離をグッと近づけることが出来るのではないでしょうか。

3、それを伝えるためにこのクリエイティブにした理由(どうやって)
高級ライブハウスの告知ポスターという形にすることで、普段はあまり目にすることはないけれど、
だからこそ逆に特別感を感じるような広告になっているかと思います。
また、写真をセピアカラーにすることで、非現実的な雰囲気を演出しました。

4、この広告を見た結果、ターゲットはなぜその行動変化を起こすのか(この広告の効果の根拠)
Liss Board Yokohama の常連である男性。
今宵もおひとりさまでいつものカウンター席へ…。
音楽を聴くのに相手は不要と思っていたが、ふと壁に目をやると1枚のポスターが。
先日、取引先の女性が好きだと言っていた『Sunnyside-Sunflower』の公演だ。
しかも、なんと公演日は、彼女の誕生日当日!
チャンスは一度キリと腹を括ったタイミング、すぐにウェイターに予約状況を確認する。

<今回の作品制作過程で学んだこと>
・Photoshop) セピアに変更
・Illustrator) ペンツールで台形を作成

・自分の評価: 6/10 (文字のバランスが微妙、設定が狭すぎた)
・第三者評価: 7
/10 (複数フォントを使用しながらも、キレイにまとまっている)



【第6回】

提出)5番目
テーマ:どしゃ降りの雨の中でピクニックを楽しめる広告を作ってください
ターゲット:20~30代カップル

・制作期間:9日間
・制作時間:6時間10分

画像2

・チャレンジ要素:初めて空の模様を変更し、雨を降らせてみました!

・提案文:
1、ターゲットや状況の分析(誰に)
交際を始めて半年。今は何をしていても一緒だと楽しく感じられる。ただ、お互い仕事も波に乗っている時期で、そんなに頻繁に会うことも出来ない。
会えても2週間に1度、もしくは月に1度…。けれど、毎日LINEでのやりとりやZoomを使ってビデオ通話はしているので、不思議と寂しさは感じていない。
ようやく久しぶりに会えると決まった日はまさかの大雨予報。けれど、せっかくの貴重なデートチャンスを逃すわけにはいかない。
雨だからこそ楽しめるスポットはないか、調べてみることに…。

2、伝えたいこと(何を)
年間を通して、最も降水量が多い県のひとつである高知県。高知県の有名な観光スポットとなっている室戸岬は、『恋人の聖地』として指定されています。
※『恋人の聖地』プロジェクトURL:https://www.seichi.net/
せっかくの観光スポットでも、雨が降ってしまうと、どうしても足が遠のいてしまいがちです。
ですが雨だからこそ、行く価値のあるプライオリティ(雨の中お互いの手でハートの形をつくって…)をつけることで、更なる地域活性化にも貢献出来ると思います。

3、それを伝えるためにこのクリエイティブにした理由(どうやって)
単に雨の中ピクニックをするのは、なかなか難しいことだと思います。
ですので、どしゃ降りの大雨でないといけないシチュエーションを設定することによって、雨⇒残念、つまらないというイメージを払拭させたいと思いました。
また、私の地元は田舎ですが、「彼が彼女をおんぶして渡りきると幸せになる」と言われている歩道橋があり、
TVドラマでも取り上げられ、一時期ものすごい観光スポットとなりました。
年間降水量の多い高知県の特徴を逆手に取った広告を打ち出すことで、今以上の訴求を目指せる設定にしてみました。

4、この広告を見た結果、ターゲットはなぜその行動変化を起こすのか(この広告の効果の根拠)
次のデートを約束している週末。秋雨前線が停滞しており、雨であることは間違いなさそう。
とはいえ、秋からは新規プロジェクトを任される予定があり、しばらく会うのは更に難しくなりそうな予感。
普段であれば、お家でのんびりデートで過ごすけれど、夏に予定していた旅行にも行くことは叶わなかった…。
『雨でも楽しめる場所』ではなく、『雨でないと楽しめない場所』を偶然駅のホームにある掲示板で見つけた。
「ここなら、雨でもステキな思い出をつくることが出来そう♪」そう思った彼女は、彼に提案してみることに。

<今回の作品制作過程で学んだこと>
・Photoshop)空の変更、雨を降らせる加工
(恋に明るい光が灯るという意味を込めて、空の色をあまり暗くし過ぎないように調整しました)
・Illustrator)クリッピングマスクの使用

・自分の評価: 6/10 (テーマを真正面から受け止め過ぎた…)
・第三者評価: 7/10 (フォントを使い分けても良かったのでは…?)



【第7回】

提出)7番目
テーマ: プロポーズに利用したくなるレストランの広告を作ってください
 ターゲット:36歳男性(会社員/年収520万円)

・制作期間:12日間
・制作時間:3時間

★CreativeChallenge⑦ _グラデーション

・チャレンジ要素:初めて装飾ブラシを使用&近似色でのグラデーションにチャレンジしました!

・提案文:
1:ターゲットや状況の分析
管理部門勤務の36歳男性。
交際5年目、お互い本気で結婚を考えるように。
彼女の誕生日にプロポーズしようと決意。
自分の年齢もあるし、交際期間も長いため、ここでキッチリ決めたい。
折角だから彼女にとって心に残るプロポーズにしたいが、自分では素敵なサプライズが思いつかない。

2:伝えたいこと
一生に一度のプロポーズは、絶対に失敗したくない。
彼女への想いは強くても、普段からあまりサービス精神旺盛ではない自分にはいいアイディアが全く思いつかない。
絶対に成功するプロポーズを演出するため、プロの手を利用しませんか?

3:このクリエイティブにした理由
10年程前から日本でも余興などで行われるようになった『フラッシュモブ』。
今回は、フラッシュモブを企画・代行している会社が経営しているレストランの設定です。
そのため、場所やスタッフは事前に用意することが可能。
プロポーズという絶対失敗出来ないタイミングで、プロからのバックアップ・サポートが受けられる点をセールスポイントとしました。

4:ターゲットはなぜその行動変化を起こすのか
普段からサプライズに慣れておらず、年齢的にも恥ずかしいと思い始める頃。
とはいえ、一生に一度のプロポーズなので、彼女にも素敵な思い出を残してあげたい。
そんな時にこの広告を見て、普段ダンスなどしたことがないが、彼女のために一念発起。
フラッシュモブでのプロポーズを決意する。

<今回の作品制作過程で学んだこと>
・Illustrator)線を装飾ブラシに変更する
・Illustrator)近似色でのグラデーションの作成
・Illustrator)文字は完全な白ではなく、背景色に合うように調整

・自分の評価: 7/10 (フラッシュモブの写真が見つからず、断念…)
・第三者評価: 7/10 (説得力のある写真が欲しかった…)



【第8回】

(最終回)提出)12番目
テーマ:コンペに提案してください
【クライアント情報】

 ・南青山の結婚式場
 ・挙式費用は、70名:¥3,468,500-
 ・会場の空いている日時でブライダルフェアを定期開催
 ・予約者の86%がブライダルフェア参加者
【依頼内容】
 ・「結婚式開催に申し込んでもらうこと」を目的とした広告のプランを提案して欲しい
 ・2022年3月までの挙式者を募集したい
 ・2021年10月に出向する広告(媒体は任意)

・制作期間:22日間
・制作時間:16時間15分

★ランサーズ株式会社様_第8回CreativeChallenge

・チャレンジ要素:記載欄なし

・提案文:
■ターゲットや状況の分析
ゼクシィ首都圏2021年11月号によると、結婚式費用の総額は平均3,826,000円、ゲスト数は平均62.8名のため、今回の『挙式費用70名3,468,500円〜』は平均ライン。
会場を決定する際の重視点は、1:交通アクセス、2:料理、3:会場の雰囲気が良いことであり、上記三点に合致するような設定とした(@南青山、すべてふたりで決めることが可能、1日1組限定宮殿風結婚式場)

■伝えたいこと
1~3月に結婚式を行うカップルは他の季節に比べて少なめのため、融通が利きやすい。
冬時期のタイミングだからこそ、特別な特典や割引を受けることが可能。

■このクリエイティブにした理由
会場を検討する際に利用した情報源として、結婚情報誌・結婚情報サイトが大半を占めているため、今回は結婚情報誌の見開きページに掲載する広告を想定し、作成を行う。
※ポスターとしても活用できるよう、A3にて作成
好きな色ランキングで男女共に上位にランクインしている『青・水色』をベースとし、背景に雪を散らすことで季節感を演出した。

■ターゲットはなぜその行動変化を起こすのか
ブライダルフェアの予約方法は、『スマホを使い、ウェブサイトで予約』がダントツなため、QRコードとURLを記載。
右下部にある『2022年3月まで期間限定特別プラン』の文言を見て、今がチャンスと思い、ウェブサイトへアクセスすると思われる。

・自分の評価: 9/10 (有料のAdobe Stockを使用し、自分的には満足のいく出来となった)
・第三者評価: 9/10 (配色やデザインで高級感を演出出来ている)


【まとめ】

Adobe)Creative Challenge 第1回~第8回までの総制作時間:51時間40分

Adobe Creative Challengeを通して、まったくAdobeソフトを使用した経験がない私でも3か月で、かなりの進歩を遂げることが出来たように感じています。
そして、何よりAdobeソフトを動かしていると、時間を忘れてしまう程、夢中になって取り組むことが出来ました!

まだまだ伸びしろはたっぷり残されているので、今後も自分なりのCreative Challengeを続けて行きたいと思っています🌻

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださって、ありがとうございます^^
すまいりす🌻新しい働き方LAB)第1期研究員
【 HSPの感性を活かして豊かな人生を送りたい】 新しい働き方LAB)第1期研究員|インプットばかりの人生にサヨナラ ⇒ アウトプット初心者|英語学習はライフワーク(特にTOEICが好き)|パンもライフワーク | 最近ハンドレタリングに夢中