本因坊秀策 生誕185周年
見出し画像

本因坊秀策 生誕185周年

ちうわけで Google のトップもそれになっています。

「現在の広島県尾道に生まれた秀策は、わずか8歳で本因坊丈和に入門してすぐさま頭角を現す。17歳の時には、すでに著名な井上幻庵因碩と対局して、幻庵がすぐにその実力を見抜いたことでも知られている。中でも、この対局の1つは「耳赤の一局」として語り継がれる名勝負であり、前述の人気漫画『ヒカルの碁』にも登場した。
本因坊の名を継いでから「19戦19勝無敗」という大記録を打ち立てたという伝説が残っており、本因坊道策(前聖)と並んで棋聖・碁聖(後聖)と称される。特に明治以降からはその評判がより高まることとなり、「秀策流」と呼ばれる布石は現在でもよく知られている。」
(「本因坊秀策の生誕から185周年、その無敵の人生とは? | THE NEW CLASSIC [ニュークラシック]」より)
元職業エンジニア。現在は無期休業中 Home: https://baldanders.info