新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

大手製薬会社はヘビ毒を薬やワクチンの開発に利用している:これがその証拠

Spiderman886

大手製薬会社はヘビ毒を薬やワクチンの開発に利用している:これがその証拠だ。
2022年4月15日(金) 記入者: イーサン・ハフ 

(Natural News)ヘビ毒が医薬品の開発に使われていることを、体制派はすでに "陰謀論 "と呼んで争っている。しかし、それを調査しようとする人には証拠がある。

世界経済フォーラム(WEF)が2018年に発表した、多くの「命を救う」医薬品は、ヘビの毒から作られているのだ。そしてそれはキングコブラだけではありません:マムシ、コガネムシ、ギラモンスターも同様に存在します。

これらの爬虫類は、それぞれ異なる種類と組成の毒液を生産しており、医薬品業界は、低分子治療薬とは異なるペプチド治療薬と呼ばれるものを開発するために、その操作方法を見つけ出しています。

ペプチド治療薬は、ベノミクスと呼ばれる科学分析の一分野に属しており、WEFは、心臓病、糖尿病、慢性疼痛など、さまざまな健康問題に対する画期的な解決策を提供するとしています。

現在、米国食品医薬品局(FDA)が使用を承認しているヘビ毒ベースの医薬品は、少なくとも6種類あります。そのうちの1つがカプトプリルで、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤であり、高血圧の治療や心臓発作後の生存率の向上に使用されています。

カプトプリルの主成分は、ブラジルに生息するマムシの一種に由来しています。

また、「プリアート」という薬もあり、米国では重度の慢性疼痛に悩む約2200万人の成人に使用されています。こちらは、コーンカタツムリの毒を主成分とする。

そして、2型糖尿病患者の血糖値を下げる薬の一種であるバイエッタがある。この薬の主成分であるエキセンディン-4は、アメリカ南西部とメキシコ北部に生息する大型トカゲの一種、ギラ・モンスターの唾液から採取されるものである。

ヴェノミクスの専門家であるマンデ・ホルフォード博士が、WEFのアレックス・グレイにその仕組みを説明した。

"プリアルトは、非中毒性の痛みに対する画期的な治療法です "と彼は言いました。"プリアルトは同じものをターゲットにしていないので、同じような副作用はありません。"

"これは、製薬会社が痛みを治療する全く新しい方法を切り開きました。"彼らは今、オピオイド受容体以外を標的にするものを探しています。

毒がこのような用途でうまく機能する理由は、動物界における毒の働き方と関係があるのです。毒は、ヘビが身を守るため、あるいは獲物を捕らえるために用いる武器なのです。

「私は毒をクラスター爆弾と表現するのが好きなんです」とホルフォードは言う。「その仕事は、獲物の正常な機能を停止させることであり、そうすることで、複数のターゲットを扇状に攻撃することができるのです」。

"非常に即効性があり、強力で、そのターゲットに非常に特異的なので、毒は、薬を作るのに必要な全ての要素を持っています。"

コビド生物兵器はヘビ毒成分を含んでいるのか?

今年の4月12日、Venomtechという会社が、Charles River Laboratories, International Inc.と共同で、毒由来の化合物を医薬品に活用する方法をさらに検討すると発表しました。

Venomtech社の発表では、ヘビ毒を「ユニークな天然資源」と呼び、毒由来のペプチドを操作することで、最もヒットしにくい薬物標的を含む、体内の非常に特異的な部位をターゲットにできることを説明している。

「Venomtech's Targeted-Venom Discovery Array™ (T-VDA™) ライブラリは、研究者に数千の毒物断片を迅速にスクリーニングする簡単なソリューションを提供し、各アレイは特定のターゲットに対するヒット数を最大化するように特別に設計されています," この発表では、Venomtech社のTargeted-Venom Discovery Array™ (T-VDA™) ライブラリーが、何千もの毒物断片を迅速にスクリーニングする簡単なソリューションになることを説明しています。

「新しいコラボレーションを通じて、チャールズリバー社は、Venomtechの密接なサポートによるこの革新的なリソースを使用して、顧客のパイプラインを加速し、難しい治療ターゲットに対処し、新しい作用メカニズムを明らかにし、ターゲット外効果を最小限に抑えることができるようになります" と説明しています。

当社CEOのPaul Grantは、このような研究は少なくとも過去10年間はVenomtechで行われており、革新的な技術のおかげで、より幅広い治療オプションが業界に提供されている、と付け加えました。

チャールズリバーの生物学部長であるVad Lazariは次のように述べています。「Venomtechとの提携により、当社は顧客に特注の毒物ライブラリーを提供できるようになり、この強力な天然資源を利用して顧客の探索パイプラインを加速させる可能性があります」。

「この提携により、Venomtechの専門的な生物学的知識を活用して、ヒット化合物や有望なリード化合物を迅速に追跡調査することができ、当社のクライアントが長年の特異性の課題を克服し、新規の作用モードを開発できるようになります」。

我々がここに注目する理由は、武漢コロナウイルス(Covid-19)が、実はある種の蛇毒ベースの生物兵器である可能性を示唆する証拠が増えつつあり、だからこそ、グリーン・チレッタなどの抗毒素レメディが治療によく効くということなのですが、その理由です。

また、蛇毒の医療利用は荒唐無稽な陰謀論に過ぎないというプロパガンダに対抗するためにも、このような話を持ち出すのは重要なことです。ヘビ毒は、長年にわたって新たな治療薬として重要な役割を果たしてきたし、科学がDNAやRNAを使った操作方法を発見している現在もそうである。

「これらのペプチドは特定の構造を持っており、その構造が分子標的を決定する」とホルフォードは蛇毒のDNAとRNAの医薬品への利用について述べていると引用されている。"ですから、一次配列が得られたら、このペプチドの構造がどのようなものかを示すコードを探すのです。"

プランデミックと新しい蛇毒の発見に関する最新のニュースは、Pandemic.newsで見ることができます。

この記事の出典は以下の通りです。

WeForum.org

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

ニュース-メディカル.net

ナチュラルニューズドットコム

ナチュラルニューズドットコム

原文:
Big Pharma uses snake venom to develop drugs and vaccines: here’s the proof
Friday, April 15, 2022 by: Ethan Huff 

(Natural News) The establishment is already contesting that snake venom is used in the development of pharmaceuticals, calling it a “conspiracy theory.” But the evidence is there for anyone wanting to investigate it.

Many “life-saving” drugs, the World Economic Forum (WEF) announced back in 2018, are made from the venom of snakes. And it is not just the king cobra: There is also the pit viper, the cone snail and the Gila monster as well.

Each of these reptiles produces a different type and composition of venom that the drug industry has figured out how to manipulate in order to develop what are known as peptide therapeutics, which differ from small molecule therapeutics.

Peptide therapeutics belong to an entire field of scientific analysis known as venomics, which the WEF says offer groundbreaking solutions to health problems ranging from heart disease to diabetes to chronic pain, and so much more.

There are at least six different snake venom-based drugs that are currently approved by the U.S. Food and Drug Administration (FDA) for use in the United States. One of them is Captopril, an angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitor that is used to treat high blood pressure and improve survival after a heart attack.

The main ingredient in Captopril comes from a unique species of pit viper found in Brazil.

Another drug called Prialt that is used by some 22 million adults in the U.S. who suffer from severe and chronic pain. That one’s main ingredient comes from the venom of cone snails.

Then there is Byetta, a type of drug that lowers blood glucose levels in patients with type 2 diabetes. Its main ingredient, exendin-4, comes from the saliva of the Gila monster, a large lizard species that is native to the U.S. Southwest and northern Mexico.

An expert in venomics by the name of Dr. Mandë Holford explained how it all works to the WEF’s Alex Gray.

“Prialt is a breakthrough in treatment for pain that is non-addictive,” he said. “Prialt doesn’t target the same thing, so it doesn’t have the same side effects.”

“This has ushered in a whole new way for pharmaceutical industries to treat pain, they are now looking for things that target something other than opioid receptors.”

The reason why venom works so well in these applications has to do with the way it works in the animal kingdom. It is a weapon that snakes use to defend themselves, or to catch prey.

“I like to describe venom as a cluster bomb,” Holford said. “Its job is to shut down the normal function of the prey and in doing so, it fans out (and) hits several targets, which is a great thing for pharmaceutical development because you have several avenues to explore.”

“Because it’s so fast acting, so potent and highly specific to its target, venom has all of the ingredients necessary for making a drug.”

Does the covid bioweapon contain snake venom components?

On April 12 of this year, a company called Venomtech announced a collaboration with Charles River Laboratories, International Inc. to explore more ways to utilize venom-derived compounds in pharmaceuticals.

Calling snake venom a “unique natural resource,” the Venomtech announcement explains how venom-derived peptides can be manipulated to target highly specific areas of the body, including the hardest-to-hit drug targets.

“Venomtech’s Targeted-Venom Discovery Array™ (T-VDA™) libraries provide researchers with a straightforward solution to rapidly screen thousands of individual venom fragments, with each array specifically designed to maximise hits for a specific target,” the announcement explains.

“Through the new collaboration, Charles River will be able to use this innovative resource – closely supported by Venomtech – to accelerate its clients’ pipelines, addressing difficult therapeutic targets, uncovering new mechanisms of action and minimising off-target effects.”

Company CEO Paul Grant added that such research has been going on for at least the past decade at Venomtech, and that a wider array of therapeutic options is available to the industry because of the innovative technology.

“In collaboration with Venomtech, we can now offer our clients access to bespoke venom libraries, potentially accelerating their discovery pipelines using this powerful natural resource,” added Charles River’s Director of Biology Vad Lazari.

“This arrangement will enable us to draw on Venomtech’s specialist biological knowledge to quickly follow up hits and promising leads, helping our clients to overcome longstanding specificity challenges and exploit novel modes of action.”

The reason we are drawing your attention to this is because there is mounting evidence to suggest that the Wuhan coronavirus (Covid-19) may actually be a snake venom-based bioweapon of some sort, which is why anti-venom remedies such as green chiretta work well at treating it.

It is also important to bring this all up in order to counter the propaganda claiming that snake venom use in medicine is just some wild conspiracy theory. Snake venom has clearly played a prominent role in emerging therapeutics over the years, and continues to do so as science discovers how to manipulate it using DNA and RNA as well.

“These peptides have a particular structure and that structure dictates their molecular target,” Holford is quoted as saying about the DNA and RNA use of snake venom in pharmaceuticals. “So when we get the primary sequence, we look for those codes that indicate what the structure of this peptide would be like.”

The latest news about the plandemic and the new snake venom revelations can be found at Pandemic.news.

Sources for this article include:

WeForum.org

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

News-Medical.net

NaturalNews.com

NaturalNews.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!