フリーランスITトレーナーとして生きていくために必要なこと
見出し画像

フリーランスITトレーナーとして生きていくために必要なこと

私は23年間、ITトレーナーとして仕事をし、そのうち20年をフリーランス(個人事業7年、自分の会社で13年)として活動してきました。最初は2~3年続けられればいいやぐらいの気持ちでスタートしたのですが、順調に売上も伸ばすことができ、自分が作った会社では従業員を雇い入れることができるまでになりました。
一方で、ITトレーナーという括りで見ると人材不足がまったく解消されないことを年々強く憂うようになりました。そして自分があと何年トレーナーとしての仕事ができるのだろうかと考えた時に、他のトレーナーのために自分ができることを考えるべき時期に来ているように感じました。そこで、このnoteではフリーランスでITトレーナーになりたいという人にどんなスキルを身につければよいか紹介し、ITトレーナーとして活躍する人を輩出できればと思ったのです。ただ「必要なスキル」と言っても、どこを目指すかによっても違ってきますから、”フリーランスの”ITトレーナーとして必要なスキルや生き残るための戦略について解説してみたいと思います。

■ ■ ■
このnoteは本当にフリーランスのITトレーナーを目指したいと考えている方だけに読んでもらいたいと思っています。余計な雑音を無くして建設的な意見交換をさせていただきたいと考えたので、あえて有料に設定させていただきました。収益化を目的としたものではないので、いただいたお代はすべて猫の保護・譲渡の活動を行っている「なごの家」に全額寄付させていただき、寄付の状況については私のTwitterアカウントで公開させていただきます。
■ ■ ■

私自身はMicrosoft、Symantec、Veritas Technologies、Computer Associates (現 CA Technologies)の4つのベンダーで認定のITトレーナー、それも「フリーランスITトレーナー」として仕事をしてきました。その経験から必要なスキルは次の3つと考えました。

・ITスキル
・プレゼンテーション / コミュニケーション
・お仕事獲得

この3つに加えて、生き残るためにはお金のことも大事だと思いますので、フリーランスでの私の過去の収益についても公開し、フリーランスとしてお仕事をする上の参考情報をお伝えできればと思います。
なお、業界の構造やお仕事の成り立ち方などについては私のブログで紹介しておりますので、事前にそちらをご覧いただくことをお勧めします。

1. ITスキル

悪いことは言いません。この努力ができない人はやめたほうがいいです。
IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、ITトレーナーは残業時間が少ないのに対して、勉強時間は他の職種と比べて多くの時間が割かれていることがわかります。

この続きをみるには

この続き: 9,421文字 / 画像6枚

フリーランスITトレーナーとして生きていくために必要なこと

国井 傑 | Suguru Kunii

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
国井 傑 (くにい すぐる) | 株式会社ソフィアネットワーク取締役 | Microsoft MVP | Microsoft Certified Trainer | 最後のシマンテック認定トレーナー | ManageEngine社外アンバサダー