snjssk

自給自足にちょっと憧れを抱いている福岡県民エンジニア、0歳児のパパです。

snjssk

自給自足にちょっと憧れを抱いている福岡県民エンジニア、0歳児のパパです。

    マガジン

    • 育児日記

      我が子の育児日記の記事をまとめたマガジンです。 だいたい週一で記事を更新しています。

    • 農園物語

      畑を借りて始める農業の記録です。

    • 福岡パンまとめ

      福岡の美味しかったパン屋さんまとめです。

    • 久留米市を勝手にご紹介

      久留米市のことをまとめます

    • 再生栽培(リボベジ)生活

    最近の記事

    育児日記22 - 歯ぎしりとチョコレート

    それは突然だった。 あれ、ぎしぎしする音が聞こえる。 あ、歯ぎしりだ。 自分の子といえど、何が引き継がれるのか明確にはわからないので、遺伝とか関係するんだろうか…なんてことを気にする。 自分自身は歯ぎしりの自覚はないし、妻からもそういった声は聞かないので歯ぎしりを継承しているわけではない。 子どもの歯ぎしりって良くなの? ずばりな回答があった。 乳幼児の歯ぎしりは生理的なもの うん、大丈夫そうだ。 自分も子どものときは歯ぎしりしていたんだろうか、全く記憶にないな。

      • 育児日記21 - 大地を踏む

        ついに。 大地に降り立つことに成功した。 (補助ありだけどね) 立って生活できるのが当たり前になって何年たったか覚えていない。 「立つ」という行為に感動したのは何だかんだで初めてだと思う。 立つ。 これから何かが始まる気がして嬉しい限りだ。 立っている、ではないか。 足に力を込めることで立てることがわかったんだろうか。 垂直立ち、ひざはまだうまく使えない。 それでもこれは ”立った” と言えるだろう。 補助あり、まぁペアプログラミングみたいなやつだ。 正座もできる

        • 佐賀さいこうフェス2022、はのんびりできて最高だった件

          11月間近のこの季節は涼しくて過ごしやすい。 外でご飯を食べて、お酒を飲んで、そして野外フェス、最高だ。 関東の大規模なやつは入場にお金がかかるし、移動がしんどいし、混むし、な感じだった(ROCK IN JAPANとか。あれはあれで出演アーティストが最高なんだ)が、ここ佐賀ではそれら全てが解消されたフェスだった。 フェス会場アート会場とフード会場、そしてライブ会場に分かれる。 めちゃめちゃ広いわけでないが、まぁ十分回れる(さくっと1周できる)感じだった。人混みはそこまでな

          • 育児日記20 - ハイハイとハイハイン

            それは突然だった。 あれ、前に進んでいない!? ハイハイだ!! 生まれて9ヶ月目に入り、ハイハイでそうな気配はずっとあったがなかなかできなかった。先日、先輩赤ちゃんと出会ってから(そういう親子のイベントに妻と子が行ってきた)、そこでやり方を学んだらしく急にハイハイできた。 これまでの道のり長かったような短かったような。 赤ちゃんの発達はもちろん人それぞれだが、我が子はこんな感じで成長してきた。ざっと調べて見ると平均的な発育のようでなんだか少し安心した。 寝返り ↓ 寝

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 育児日記
            snjssk
          • 農園物語
            snjssk
          • 福岡パンまとめ
            snjssk
          • 久留米市を勝手にご紹介
            snjssk
          • 再生栽培(リボベジ)生活
            snjssk
          • 八女市を勝手にご紹介
            snjssk

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            大川木工まつり2022へ

            秋まつりの中でも楽しみなイベントのひとつ。 なぜなら良質な家具をいろいろ見て回れて、その場でお安く購入できる家具のおまつりであるからだ。 三年前くらいはベットのフレームを買った。 木工まつりは割と1点ものが多く、ちょっとした宝探し感覚で "これいいかも、これ我が家に合いそうかな" を想像しながら広い会場をめぐる。 特に家具を買う予定がなくても楽しいやつだ。 もちろん家具をみるだけではない、フードも充実していた最高のおまつりだった。 おまつり会場こういう雰囲気のおまつりは

            育児日記19 - 腰が据わって蜂を背負う

            早いもので8ヶ月が経過した。 徐々にハイハイするのが上手(以前よりも進むスピードが早くなった)になり、ここ最近は腰が据わってきた。 座らせても安定しなかったあの頃とは違い、今はこんな状況である。 (調子がいいと20~30分)長時間座っていられる うつ伏せの状態から自分で起き上がって座れる またひとつ成長したんだと思うと嬉しい限りである一方、 腰が据わったといえど急に後ろに倒れ込むことがあり、これ危ないよね。 と妻と話していた。 問題を解決すべく、西松屋とベビーザラス

            かみさまがすまう森は非日常っぽくて綺麗で良かった。

            シチュエーションは夜。 街頭がなく、広い庭園、赤や青、紫、緑といった日常ではあまりライトアップ、そしてその雰囲気を増大させるような音。 どれも非日常だった。 御船山楽園ホテル内、庭園内、廃墟などでたくさんの作品が見れる。 夜だからこそ、より見どころがあるなと感じた。 小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイングプロジェクションマッピング + 池 。 ただの池なのかもしれないがなんかすごい感じだった。池の中の魚はちゃんと眠れているのかな。 谷間の呼応する森木々にも

            鍋島と富久千代酒造へ

            日本酒が好きな方ならご存知「鍋島」 この酒造元である富久千代(ふくちよ)酒造は佐賀県鹿島市の方で祐徳稲荷神社がある近く。このあたりは年末年始くらいしか行く機会がなかったのでやっと行くことができた。 散歩が楽しいこの辺りは酒蔵通りという通りがある。 江戸時代から昭和時代にかけて酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域だそうで趣がある通りだった。 道幅が狭くて離合すると困るやつではあるが、こういうところに住みたいと思ってしまう。 通りにはゲーセンもあった。 懐かしのゲーム

            シルバーウィークにうどんを打つ。

            9月の最初の3連休、9/17~19日は予定が満載だった。 茶のくに花火大会2022、城島ふるさと夢まつり、どちらも楽しみにしていた地元のイベントである。 暑い夏が終わりを告げ、徐々に涼しくなり、秋の季節に入る。 きっとまたいい思い出が作れそうな予感がしたが… 台風14号 しかも過去最大級ときた。 どこにも行けず、お家で過ごそう。 時間もあるし、前々から気になっていたうどんを打つことにした。作ってみてわかったけど意外と楽しめた。 材料はこれだけ2人分での分量です。 計り

            飛行機に乗る予定がなくても福岡空港は楽しかった。

            出張などで飛行機を利用するために空港に行く。 行ってすぐ搭乗ゲートを向かうため、あまり空港内を観察できていなかった。また、子どもに飛行機を見せてやりたい気持ちもあったので、特に用事はないけど福岡空港に行ってみたら思いのほか楽しかった。 搭乗ゲート日曜日の午後ではあったが特に混んではいなかった。 午前中は割と長蛇の列ができるのでもう少し広くしてほしい気持ちがある。 1F 航空会社カウンターいつも手荷物少なめで行くため、チェックインする以外はほぼスルーしていた。端の方にセブ

            育児日記18 - 歯が生えてきた

            手で物をしっかり掴めるようになってきて、 最近はなんでも口にするようになってきた。 正直、徐々に手が離せなくなってきたわけでもあるが、それはそれで嬉しいと感じる毎日。 ここ最近は毎日2回、離乳食を食べており、ご飯やにんじん、トマトなど全部で18品目まで食べれるようになってきた。いまのところアレルギーっぽいものはなくて本当に良かったと思っている。 (自分も妻もアレルギーはないので、おそらくアレルギーが遺伝することはそんなにないんじゃないかと思っているし、ないことを願ってい

            農園物語45〜48週目 たまねぎを植える

            基本的に自炊する我が家は、玉ねぎを重宝する。 そんな玉ねぎはここ最近ずっと高いよなー…と悩む、それなら今年も作ってみようかな。そんなノリで玉ねぎを植えることにした。 なにより昨年、1回作っていること。 そして割と放置しててもしっかり育ってくれるので今年も問題なく収穫できるだろうと勝手に思っている。 夏の暑いこの時期、畑に行くのが最近サボりがちである。 畑は放置すると当たり前だが、雑草がめちゃめちゃ生える。頑張って草むしりをして、畝(うね)を1つ作るまで1時間くらいかかって

            おにやまホテルと別府観光。

            久しぶりに旅行に行った。 今のこの時期、最近また増えてきてきるのでどうかな…と悩みはしたが、どこか遠くへ行きたい気持ちも相まって、結局行くことにした。 それはなぜか。 新しいおおいた旅割がお得だったからだ。 ワクチン接種3回目の証明書(写メで良い)を提示することが主な条件であるが、受けれたサービスは以下。 ホテル代 15,000円 が割引 地域で利用できるクーポン 6,000円 がもらえる(1人につき2000円) 合計すると 21,000円 がお得になる、最高だ。

            育児日記17 - はじめての花火大会

            今年は徐々に夏祭りなどのイベントが解禁となり、待ちに待った花火大会がついに開催された。 毎年、妻の両親とご飯を食べながら花火大会を見る、 これが我が家の夏の風物詩でもあった。 しばらく自粛が続いて、 花火大会の存在を忘れつつある中、今年は子どもが産まれ、はじめての花火大会となった。ある意味、いいタイミングだったのだろうか。 始まる花火大会。 真っ暗な夜空に浮かぶ光。 色とりどりの光がこの瞬間だけ真っ暗な空を明るく照らす。 遠くまで響き渡る爆発音。 かすかに匂う、

            育児日記16 - はじめての夏祭りへ

            まだまだ暑くて、汗をかくとベトベトして気持ち悪いし、お祭りだから人が多いし、人混みができて歩くにくいし。 何を買うにも順番待ちしないといけないし、たこ焼きやイカ焼き、焼き鳥のタレが手につくとベタベタするし、飲み物は自販機で済ませようかと思って買ったら、みんな買っているからか全然冷えていないし。 そして、たまに変な人いるし。 それが夏祭りだ。 あれから自粛自粛を繰り返し、 ついに三年ぶりに開催となったので夏祭りに出かけることにした。 ここに何を求めて来たんだろうか、何

            育児日記15 - ハーフバースデーな日に。

            早いもので半年がたった、あっという間だった。 生まれた当初は 3,000g ほどで小さくて可愛かった君は、 今は 8,000g 超えのムチムチな可愛い君に。 弱々しいかった体は、徐々に頑丈になってきて、 そして日に日に良い表情をするようになった。 最近始めた離乳食は、 ご飯をぱくぱく食べれるようになって、 にんじん、かぼちゃ、とうふ、全部食べれる。 おもちゃもいろいろ買ってあげたけど、 最初に買ってもらったガラガラするやつが好き。 お風呂は相変わらず好きだ。 泣いて