映画『あの頃、君を追いかけた』

この台湾映画『あの頃、君を追いかけた』は
監督ギデンズ・コー氏が
自伝的インターネット小説を自ら映画化した作品で
僕はこの映画の存在を昨年知り、
早々TSUTAYAで借りてきて観ました。

女性の人が観ると卑猥な表現も所々あり
不快な気分になる人もいるかもしれませんが、
男なら誰でも憶える青春の甘酸っぱさを
想い出させてくれる作品で
最後まで観ると僕は
なんか許せちゃう作品でもありました。

出てくるセリフで
好きになっちゃうフレーズもあったりして
また機会があったら観たい作品でもあります。

ただ、この映画を観た女性が、
世の男性がみんな
あそこまで大バカだとは思ってほしくないですね(笑)

あと、この映画を観て思ったのは、
今の日本の若い人たちは
男性も女性も幼稚的になってきていて
こういうピュアな体験ってしているのかな!?
なんて素朴な疑問もでました・・・。

最後にこの映画を観て
僕が思い浮かんだ名言は

三島由紀夫氏の
『愛することにかけては、 女性こそ専門家で、
 男性は永遠に素人である。』
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スポーツメンタルコーチ・インターナショナル代表 様々なことを書いてます☆ 温かく見守って頂けましたら幸いです☆ お仕事の依頼やメンタルトレーニング、パーソナルコーチングの相談は050-3595-3986 HP⇒ http://smc-intl.com/