見出し画像

ウィールの個体差

figure skate fun

先日、インラインスケートのウィールを新しいものと交換していて、気づいたことがあります。

1,ウィールには個体差がある!使用前に回転を確認しよう

我が家ではインラインフィギュアスケート用のウィールを、普段、6個セットで購入していますが、どうやら時々その6個に少しだけ個体差があるようです。

新品のウィールにベアリングとスペーサーを取り付け、フレームにはめたとき、1つだけ、どうしても回転が悪いウィールがありました。よく観察して、他の新しいウィールとも比較した結果、ウィールが少しだけ太いようで、フレームへの着脱時にも、はめにくく外しにくく、回転させようとするとフレームとこすれて回転が悪くなっていました。
つまり、初期不良として個体差が出ている状態だと考えられました。

そのため、別に購入してあった新品のウィール6個セットから1つだけ取り出し、はめようとしていた場所にはめなおし、すべてのウィールが等しくよく回転する事を確認して、使用し始めました。

2,ウィールを購入するときは複数セットで購入した方が良い

今まで、ウィールの個体差に出会ったことはありませんでした。
初めてのことでしたが、今後、ウィールのセットを購入する際は、1セットだけでなく複数セット購入しようと決めるきっかけになりました。

今回は運よく複数の新しいウィールセットを所持しており、個体差に対応でき、良かったのですが、他の新しいウィールを持っていなかったら困っていたと思います。うちは少し入手しずらいウィールを使用しており、すぐには替えを手に入れられません。

…ということで、個人的には、入手しにくいウィールを使用している場合、1セットずつ買うよりも、複数セット購入しておいて万一に備える、ということをお勧めします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!