原価で中古ドメインを取得する方法と中古ドメインの見分け方!当たりは何をみて判断する?必要なツールは?

Dai

こんにちは。副業アフィリエイター、SEOコンサルタントの「Dai」と申します。
この記事では、中古ドメインを購入する際に、何をどう見て判断して買えばいいのか?良いドメインとは?ということについてまとめてみました。

この記事は、次のような人向けの内容となっています。

①中古ドメインをこれから購入しようと考えている人
②中古ドメインを使用しているが、思うように効果が見られない人
③やみくもに中古ドメインのドメインパワーだけ見て購入している人
④中古ドメインに興味がある人

実際の選び方については、申し訳ありませんが有料とさせていただいています。

というのも、私がこの3年間ほとんど独学で中古ドメインを購入してきて得たノウハウとなっています。

これまでの私の損失を考えると、、、ということです。ご了承ください。

選び方については、できるだけ具体的に実践できる内容となっていますので、購入したいと考えている方は是非参考にされてみてください。

中古ドメインに関しては、私のブログでも詳しく紹介しております。
中古ドメインの効果

ドメインとは

中古ドメインを知る前に、「ドメイン」とは何か?ということを知っておきましょう。

ドメインとはWEBサイトを作成するために必ず必要な物で、そのサイトの住所みたいなものです。

ドメインとの関係

詳しく説明すると、Webサイトがどこにあるのかを判別する情報は、ドメインに紐づく「IPアドレス」というものにあります。
IPアドレスは「000.00.00.00」のような数字で構成される文字列ですが、
数字だけでは覚えづらいため、ドメイン名に変換してWebサイトの場所を示します。


中古ドメインとは

誰かが過去に運用していたドメインのことを言います。

つまり、新品の独自ドメインではなく、使い古されたドメインということです。

使い古されたという表現だと、まるで劣化したイメージになってしまいますが、ドメインは過去の運用歴で良くも悪くもなるので、一概に決めつけることはできません。

中古ドメインを使用するとどうなる?

過去のドメイン評価を受け継ぐことができます。

ここで言いたいのは、悪い評価も良い評価も受け継ぐということです。

良い評価を受けているのであれば、Googleに評価されるサイトを作成することで即時上位表示しやすいです。(絶対ではない)

悪い評価であれば、検索結果に出てくることはありません。

順位が付いても上位表示できることはありません。

むしろペナルティを受けている場合があります。


2023年も中古ドメインは使える?

2023年現在では、中古ドメインは使えない!サイトを作るなら新規ドメイン!という声が多くなっていますね。

でもどうでしょう?検索上位を占めているアフィリエイトサイトが使用しているドメイン。

新規ドメインで作成されたサイトでしょうか?それとも中古ドメインでしょうか?

実際には、数十から数百記事の中型から大型サイトに関しては、ほとんどが新規ドメインとなっています。

しかし、ペラサイトや数記事程度のミニサイトはどうでしょうか?中古ドメインがほとんどではないでしょうか?

このことから言えることは、戦うステージによって使い分けるという事です。

新規ドメインで攻めたほうが有利な場合と、中古ドメインが有利な場合があるんですね。

これが何故か?ということに触れてしまうと、この記事の本題からそれてしまうので割愛させていただきますが、中古ドメインで戦ったほうが明らかに有利な場合があるんです。

中古ドメインが有利になるステージというのは、「商標サイト」「ペラサイト」になります。

ドメインの評価というものは記事数も少なからず影響していて、新規ドメインでペラサイト(1記事のサイト)を作成しても、ドメインの評価が上がることはありません。

つまり、いつまで経っても検索上位表示させることができないんです。
(厳密に言うと、上位表示させる方法はありますが、ここでは本題からそれてしまうので別の機会にお話します。)

なので、中古ドメインはまだまだ使用できるアイテムとなっています!

現に私も中古ドメインしか使用していません。

良いドメインを使えば、まだまだ全然イケます!


さて、次の項目から実際に中古ドメインを選定する手順を具体的に解説していきます。

ここから先は有料となっています。

自分で選んで失敗して検証を繰り返すよりは、基本的なポイントを押さえていますので効率的です。失敗する確率は確実に減ります。

はっきり言って、世の中に落ちているドメインはハズレドメインがほとんどです。

良いドメインを見つけるというよりも、ハズレドメイン見つけて消去し、当たり!?(健全なドメイン!?)を絞り込むといった感じになります。

当noteですが、返金対応していますので、ご覧になって知っている内容であれば返金していただいて構いません。

この続きをみるには

この続き: 4,407文字 / 画像19枚

記事を購入

900円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Dai

よろしければサポートお願いします!