新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

友達とVRでテーマパークへ行こう!RecRoomのオススメ探索ルーム

コロナ禍では、なかなか友達と外出しずらいという問題がありますが、VR空間でなら一緒にお出かけすることも可能です!というわけでRecRoomにある、オススメのテーマパーク探索ルームのトップ5を紹介したいと思います。
RecRoomは、Oculus Quest、SteamVR、Oculus、PSVRの他、iPhone/iPadやXBoxでも楽しむことができる無料よVRSNSアプリです。iPhone/iPadやXBoxでは、VRでない人も含めて楽しむことができるようになっています。ぜひお友達を誘ってボイスチャットでワイワイと話しながら楽しんでみてください。

どのルームもMakerPenを使ってVR内で手作りで作ったとは思えないレベルのの作品となっています。行きたいときは^ではじまる部屋名を検索するとでてきますのでそれで探してみてください。では、紹介をはじめます!

第1位 ^JulesVerne  (最大5名 - 約15分)

スクリーンショット 2021-04-22 041545

ディズニーシーの海底2万マイルのオマージュ作品です。ジュール・ベルヌの海底2万マイルのストーリーをなぞる探索ルームとなっています。途中、潜水艦に乗って海底を旅します。行かないと後悔するレベルで素晴らしいです。ぜひ友達と楽しんでもらえればと思います。図書館の本を調べると隠し通路が出てくるのでぜひ探してみてください。

第2位 ^LostRiverDelta (最大6名 - 約15分)

スクリーンショット 2021-04-22 042623

ディズニーランドのジャングルクルーズのオマージュ作品です。しかもこのロストリバーデルタは、普段は体験しずらい夜のジャングルクルーズを演出しています。とてもスリルがあり、最後の寺院の中の造形もとても素晴らしいです。これもまたぜひおすすめしたいルームとなっています。

第3位 ^SpiritedAway (最大20名 - 約20分)

スクリーンショット 2021-04-22 043020

千と千尋の神隠しの世界を探索できるファン作品です。お風呂場では様々なギミックがあるので探してみてください。お風呂場の3階から湯婆婆の部屋に行く順路となっていますので迷わないようにしましょう。最後の部屋が大人数で写真撮影できる部屋になっており、20人という大人数でも行ける部屋なため大人数でのツアーにおすすめです。

第4位 ^Dark-Souls (最大6名 - 約20分)

スクリーンショット 2021-04-22 043939

アクションRPGゲームのダークソウルのファン作品です。これもまた再現度が高いです。大変美しい巨大な城、アノールロンドを超えて、太陽の戦士ソラールや騎士オストラヴァたちとデーモンを倒す旅をしていきます。ダークソウルをやったことがある人はその背景の美しさに絶対息をのむのではないかと思います。続編として^Bloodborne もあるので好きでしたら両方行かれるのがいいと思います。ただちょっとホラー要素もあるので要注意です。

第5位 ^AmityTours (最大8名 - 約15分)

スクリーンショット 2021-04-22 043625

ユニバーサルスタジオのジョーズのアトラクションのオマージュ作品です。とにかくジョーズの造形が良く、船に乗って移動するのも楽しいです。スリルがありとても楽しめる内容となっています。案内は英語でされますが、英語が分からなくても楽しめる内容となっています。

以上が自分が2021年4月現在でおすすめしたいテーマパーク探索ルームとなります。他にも単発の部屋で非常にオススメなものやホラー要素や謎解き要素が強めでオススメなルームもあるのですが、また今度紹介できればと思います。

RecRoom、本当に良いコミュニティ作品が沢山あるので、ぜひ皆さんも面白い部屋を探してみてくださいね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
気に入って頂き、誠にありがとうございます!
S高等学校 校長。IT周り担当、N高/S高プログラミング講師。「高校生からはじめる プログラミング」著者 ( https://www.amazon.co.jp/dp/4046019557/ ) 詳しくは、 https://www.soichiro.org/