あそゆか

エッセイスト。日々も、人生も、わたしにも、あなたにも。すべてにストーリーがある。日々のDay Feeling ほか 確かな想いを自分で書けない人のための他力プロモーションを提供。人物(他己)紹介、サービス紹介記事掲載 https://lit.link/asoyuka

あそゆか

エッセイスト。日々も、人生も、わたしにも、あなたにも。すべてにストーリーがある。日々のDay Feeling ほか 確かな想いを自分で書けない人のための他力プロモーションを提供。人物(他己)紹介、サービス紹介記事掲載 https://lit.link/asoyuka

    マガジン

    • 光輝く道へ導くカメラマン 人柄写心家 TSUGU丸山嘉嗣さん

      「その日その時、その人の空気感を丸ごと真空パックする写心」を撮影する写真家「人柄写心家TSUGU」とはどんなカメラマンなのか。 撮影される側として感じる彼という存在、その人柄について、そして3年半にわたって彼の撮影体験を通して感じたことたちの記事。

    • 縁側〜本音で暮らして幸せになる方法〜

      岐阜にある、縁側スペースneiro  ここで行われるセルフチューニング実践講座を受けた方に起きた、真っ直ぐで、愛しくて、毎日が生きた実感で溢れ出す、人生がチューニングされたストーリーの記録たち。読むだけで、あなたの心もきっと、チューニングされるマガジンです。

    • Dress Change 2021 Members

      Dress Change 2021 Mask of Princess のスタッフ、アンバサダー、出場される方のshutter記事集です。全ての人に、背景が、ストーリーがある。それを感じていただけたら、幸いです。

    • 圧倒的他者視点で書くライターあそゆかまでの道のり。

      私が感じたままにあなたの魅力を切り取り綴るshutter。あそゆかが感じたままに書きます、なんていうライターはどうして生まれたのか、そのストーリー全5話。

    • 気づき、手放し、ゆるんで、めぐる。〜渡邉智美さん〜

      栃木県那須 黒磯地域でヨガスタジオを経営し、ヨガ、写真、アクティブバースを通してお一人お一人の「すこやかにめぐる心と体づくり」に寄り添う、渡邉智美さんの、ストーリー。

    最近の記事

    麗しく生きてまいりませう。〜フォトグラファー 東山弥生さん〜

    生きるとは、人生とは。 幼い頃学校でたくさんの「答え」を学んだ私たちは、きっといつも何処かで「答え」を、それも「正解」を探してしまうのかもしれないし、先生とか親とか、どこかで無意識に「言うことを聞くべき人」の答えを気にしては「どうしたらいいのかな」と考えているのかもしれない。 でも、この益々と不安定さと多様性が広がるばかりのこの今となっては、生きることの「正解」なんて、誰もわからないということに私たちは気づいているし、だからこそ生きていくしかないということも、わかっている

    スキ
    11
      • この地とともに、生き抜くこと。〜亀山温泉ホテル 鴇田英将さん〜

        私が感じたあなたを切り取るshutter ご依頼者様と対談、そのストーリーや魅力を綴らせていただく企画です。 本日ご紹介するのは、千葉県君津市にある亀山湖畔にある亀山温泉ホテルの3代目としてご活躍の鴇田英将さんをご紹介いたします。 千葉県木更津市の奥にある、亀山地区。自然あふれるそこには亀山湖と呼ばれる、千葉県最大の多目的ダムがあり、近隣には亀山少年自然の家があります。 木更津、君津地域の人にとっては、子どもの頃に遠足や校外学習で出かけたり、夏休みのキャンプや課外活動で出

        スキ
        89
        • 命を生きて、めぐる。〜長谷川あゆみさん〜

          わたしが感じたあなたを切り取り綴るshutter ご依頼者様と対談して感じたこと、そのお人柄や魅力をお伝えする企画です。 今回ご紹介するのは、岐阜県からわざわざ鎌倉までお越しくださった、看護師でもあり、現在育休中で4人のお子さんのお母さんでもあり、そして「死」終わりを見つめる人でもある、長谷川あゆみさんです。 30代から40代になると、少しずつ増えてくるのが、「周りの誰かの死」かもしれません。 あなたにとって「死」とは、なんでしょうか。 あゆみさんは私になかった視点・

          スキ
          9
          • ひらり・かろやか・そのまんま。〜フォトグラファー 浅海佐知子さん〜

            誰もがスマホに内蔵された高性能なカメラで、いつでも気軽に写真を撮って残せるようになった時代。 「写真」というものの定義も変化し、その用途はさまざまな可能性をひらく魅力的なツールとして、ますますと多様性に溢れています。 元来の・・・記念日の記録を残す、愛しい人の瞬間を残す「記録的意味合いの強い写真」だけではなく SNSに上げるための「映え写真」を撮るためのツールとして、いつでも気軽になんでも写せるようになったのはもちろん 個人起業がもはや珍しいことではなくなった現代では

            スキ
            11
            • この地とともに、生き抜くこと。〜亀山温泉ホテル 鴇田英将さん〜

              スキ
              89
              2か月前
              • 命を生きて、めぐる。〜長谷川あゆみさん〜

                スキ
                9
                2か月前
                • ひらり・かろやか・そのまんま。〜フォトグラファー 浅海佐知子さん〜

                  スキ
                  11
                  2か月前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 光輝く道へ導くカメラマン 人柄写心家 TSUGU丸山嘉嗣さん

                  • 3本

                  「その日その時、その人の空気感を丸ごと真空パックする写心」を撮影する写真家「人柄写心家TSUGU」とはどんなカメラマンなのか。 撮影される側として感じる彼という存在、その人柄について、そして3年半にわたって彼の撮影体験を通して感じたことたちの記事。

                • 縁側〜本音で暮らして幸せになる方法〜

                  • 6本

                  岐阜にある、縁側スペースneiro  ここで行われるセルフチューニング実践講座を受けた方に起きた、真っ直ぐで、愛しくて、毎日が生きた実感で溢れ出す、人生がチューニングされたストーリーの記録たち。読むだけで、あなたの心もきっと、チューニングされるマガジンです。

                • Dress Change 2021 Members

                  • 9本

                  Dress Change 2021 Mask of Princess のスタッフ、アンバサダー、出場される方のshutter記事集です。全ての人に、背景が、ストーリーがある。それを感じていただけたら、幸いです。

                • 圧倒的他者視点で書くライターあそゆかまでの道のり。

                  • 7本

                  私が感じたままにあなたの魅力を切り取り綴るshutter。あそゆかが感じたままに書きます、なんていうライターはどうして生まれたのか、そのストーリー全5話。

                • 気づき、手放し、ゆるんで、めぐる。〜渡邉智美さん〜

                  • 2本

                  栃木県那須 黒磯地域でヨガスタジオを経営し、ヨガ、写真、アクティブバースを通してお一人お一人の「すこやかにめぐる心と体づくり」に寄り添う、渡邉智美さんの、ストーリー。

                • 声で、生きていく。〜古賀静華さん〜

                  • 2本

                  私が感じたあなたの魅力を切り取り綴る shutter。 このマガジンでは、スピーチコンサルタントであり、フリーアナウンサーとしてもご活躍の古賀静華さんをご紹介します。

                • 私とともに輝き生きるジュエリーを 〜岩田 アキさん〜

                  • 6本

                  私が感じたあなたを切り取り綴るshutter。 東京都でWJDAワイヤージュエリーデザイナーズアソシエーション代表として、ワイヤージュエリーデザイナーとしてご活躍の岩田アキさんのこれまでとこれからをご紹介します。

                • 星とともに歩んだ8年、10年目へ~星詠み 野本由美子さん~

                  • 8本

                  Shutter3人目は、星詠み・・・占星術で独立起業、メデルの株式会社代表取締役野本由美子さんをご紹介します。独立してからの8年間の歩み、そして10年目への思いとは。

                • 酵母と生きる、世界をひらく ~山本あゆみ~

                  • 7本

                  神戸市須磨区で楽健寺酵母を使ったパン教室「ひなたぱん」を主宰する山本あゆみさん。 酵母との出会いが、誰かや世界を信じることが出来ずに閉じていた日々を、人とつながり何かを生み出していく世界へと変えてくれた。与えるでも受け取るでもなく、「ひらいて生きる」ことの喜びを知ったひとの、ものがたり。

                • 思考を、知識を、人生をヒモ解く人 ~ 鈴木深雪さん ~

                  • 6本

                  私が感じたあなたを切り取り綴る「Shutter」 お二人目は、頭の中で整理がつかずに出口を探している思考を整理し、体系化し、新たなるアイディアとして生み出すサポートを仕事にする、その名も「ヒモ解き職人」鈴木深雪さん。 ひも解き職人はどうして生まれたのか、そしてその先は。 2019年よりヒモ解き100人斬りと称して、45分間でクライアントの思考整理をする彼女。50人のヒモ解きを終えて、感じたこと、見えてきた世界の予感を、お話いただきました。

                • 光輝く道へ導くカメラマン 人柄写心家 TSUGU丸山嘉嗣さん

                  • 3本

                  「その日その時、その人の空気感を丸ごと真空パックする写心」を撮影する写真家「人柄写心家TSUGU」とはどんなカメラマンなのか。 撮影される側として感じる彼という存在、その人柄について、そして3年半にわたって彼の撮影体験を通して感じたことたちの記事。

                • 縁側〜本音で暮らして幸せになる方法〜

                  • 6本

                  岐阜にある、縁側スペースneiro  ここで行われるセルフチューニング実践講座を受けた方に起きた、真っ直ぐで、愛しくて、毎日が生きた実感で溢れ出す、人生がチューニングされたストーリーの記録たち。読むだけで、あなたの心もきっと、チューニングされるマガジンです。

                • Dress Change 2021 Members

                  • 9本

                  Dress Change 2021 Mask of Princess のスタッフ、アンバサダー、出場される方のshutter記事集です。全ての人に、背景が、ストーリーがある。それを感じていただけたら、幸いです。

                • 圧倒的他者視点で書くライターあそゆかまでの道のり。

                  • 7本

                  私が感じたままにあなたの魅力を切り取り綴るshutter。あそゆかが感じたままに書きます、なんていうライターはどうして生まれたのか、そのストーリー全5話。

                • 気づき、手放し、ゆるんで、めぐる。〜渡邉智美さん〜

                  • 2本

                  栃木県那須 黒磯地域でヨガスタジオを経営し、ヨガ、写真、アクティブバースを通してお一人お一人の「すこやかにめぐる心と体づくり」に寄り添う、渡邉智美さんの、ストーリー。

                • 声で、生きていく。〜古賀静華さん〜

                  • 2本

                  私が感じたあなたの魅力を切り取り綴る shutter。 このマガジンでは、スピーチコンサルタントであり、フリーアナウンサーとしてもご活躍の古賀静華さんをご紹介します。

                • 私とともに輝き生きるジュエリーを 〜岩田 アキさん〜

                  • 6本

                  私が感じたあなたを切り取り綴るshutter。 東京都でWJDAワイヤージュエリーデザイナーズアソシエーション代表として、ワイヤージュエリーデザイナーとしてご活躍の岩田アキさんのこれまでとこれからをご紹介します。

                • 星とともに歩んだ8年、10年目へ~星詠み 野本由美子さん~

                  • 8本

                  Shutter3人目は、星詠み・・・占星術で独立起業、メデルの株式会社代表取締役野本由美子さんをご紹介します。独立してからの8年間の歩み、そして10年目への思いとは。

                • 酵母と生きる、世界をひらく ~山本あゆみ~

                  • 7本

                  神戸市須磨区で楽健寺酵母を使ったパン教室「ひなたぱん」を主宰する山本あゆみさん。 酵母との出会いが、誰かや世界を信じることが出来ずに閉じていた日々を、人とつながり何かを生み出していく世界へと変えてくれた。与えるでも受け取るでもなく、「ひらいて生きる」ことの喜びを知ったひとの、ものがたり。

                • 思考を、知識を、人生をヒモ解く人 ~ 鈴木深雪さん ~

                  • 6本

                  私が感じたあなたを切り取り綴る「Shutter」 お二人目は、頭の中で整理がつかずに出口を探している思考を整理し、体系化し、新たなるアイディアとして生み出すサポートを仕事にする、その名も「ヒモ解き職人」鈴木深雪さん。 ひも解き職人はどうして生まれたのか、そしてその先は。 2019年よりヒモ解き100人斬りと称して、45分間でクライアントの思考整理をする彼女。50人のヒモ解きを終えて、感じたこと、見えてきた世界の予感を、お話いただきました。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 「常」である今日目の前とともに生きるために。〜喫茶去(きっさこ) 小林未佳さん〜

                    日本には「道」のつく作法ごとがたくさんあります。 書道・剣道・柔道・華道・合気道・神道、そして茶道。 もうその道を体験されている方にとって、その敷居は決して高くないけれど 「体験してみたい」と思っている側にとっては、高く感じてしまう、その敷居。 やってみたいけど、厳しそう。 やってみたいけど、道具、持ってないし。買わなきゃいけないかな。 やってみたいけど。。。。。でもそこまですごく本気でもなくて。 でも、やってみたい。 ちょっと気になってる。 体験してみたい。 そん

                    スキ
                    9
                    • いい人。〜ひかりの四柱推命 今利由季さん〜

                      世界に一つ、あなたについてのエッセイをお届けするshutter。 ご依頼者様と対談、感じたことを綴らせていただく企画です。 今回ご紹介するのは、もう出会って3年の月日が経ち、私の友人の一人でもある、今利由季さんをご紹介します。 今回の対談にあたり、「ひかりの四柱推命鑑定師」としてか、私からみた由季ちゃん、どちらで書く?と聞いたら 「四柱推命じゃなくて、私かな。」そう言ってくれたので、友人としての由季ちゃんについての私の言葉を、今日は綴らせていただきます。 この記事を書

                      スキ
                      12
                      • 「魅せる」で私もビジネスも確立する 〜ブランディングスタイリスト 村田薫さん 〜

                        私が感じたあなたを切り取り綴るshutter ご依頼者様と対談して、感じたこと、魅力や個性、ストーリーを書かせていただく企画です。 今回ご紹介させていただくのは、昨春京都でパーソナルスタイリストとしての想いを一度shutterでご紹介させていただいた、村田薫さん。 好きな服に囲まれて暮らす毎日が、あなたをハッピーにする。そんなコンセプトでパーソナルスタイリストとして活躍している姿をご紹介させていただいてから半年が経ち、現在は ブランディングスタイリストとして、新たなる

                        スキ
                        19
                        • 忘れたくない今だからこそ、最高のかわいい一枚に 〜ベビーフォトグラファー 坂部直美さん〜

                          世界に一つだけ、あなたについてのストーリーをお届けする「shutter」 ご依頼者様と対談、感じたことを感じたままにオリジナルエッセイにしたためる企画です。 今回ご紹介するのは、千葉県木更津市で 忘れたくないむちむち肌感を残す5〜6ヶ月赤ちゃん専門のベビーフォトグラファーとしてご活躍の ベビーフォトスタジオミルフルール 坂部直美さんです。 透明感あるお肌にクリンとした目。なんとも愛らしい方だなぁと私が思ったのは、もう7年、8年前になるのでしょうか。 当時木更津で街づく

                          スキ
                          13
                          • 豊かにめぐるお寺へ 〜小野山 浄慶寺坊守 中島千晴さん〜

                            私が感じたあなたを切り取り綴るshutter ご依頼者様と対談、感じたことやそのかたのストーリー、今伝えたい想いをお聞きして言葉にさせていただいています。 今回のshutterは、おかわりshutter。最初の対談から約半年を経て、さまざまのチャレンジと体験をされた今をお聞かせてくださいました。 京都の小野山浄慶寺で坊守としてお務めされている 中島千晴さんです。 昨年3月に、京都で初めてお会いして対談した千晴さん。 理学療法士になり、海外に憧れて飛び出した先のカナダで

                            スキ
                            11
                            • カクLABO、始めます。

                              今日は、お知らせ。 カクLABO はじめます。 昨日あたりから急にFacebookでバースカラー、だったかな? 誕生日に授けられた色からあなたを見る的な。 それが回ってきたので私もやってみたら ロイヤルパープル、でした。 だからではありませんが あ そ ゆ か 公 式 LINE  始 め ま す 。 その名も  カ ク L A B O SNSに文章を綴り始めてはや19年近く。 わたしの文章は、はっきり言ってビジネスのための文章ではありません。 結果として、

                              スキ
                              12
                              • 没頭は何よりの贅沢 Day Feeling 39 

                                週に一度のバリスタ勤務を終えて、海が見えるカウンターに座って、ひととき。 海を見て、好きなドリンクを飲みながら 今の現実は 今の私の望みの証なんだなぁと    改めてそんなことを思った今日。 たくさん、「やりたい」「したい」っていうけれど。 本当に、やりたかったら、もう、やっているのです。 今の前の現実こそが、私の、あなたの「やりたい」を行動に移したリアル。 そう思ってみると・・・・ そう、この現実が私がほしいこと。 憧れだったコーヒーストアで働きたい。 海が

                                スキ
                                3
                                • 心の優等生をやめてみる Day Feeling38

                                  一日家にいて、とにかく描いていた今日。 関東は積雪に注意や警報とどうやら騒がしいようだけど、木更津はまだ、雨の夜。    「思い残し」とは。 辞書には・・・ 私は、思い残しは、 自分の中で消化し切れずに残っている感情、と定義していて。 そう、自分の中に、見えなくても、あるもの。 じゃぁ、思い残さなかった感情って、どこにいくの? 思い残したもの、残さなかったもの。 これは、私の実体験からくる、一つの結論ですが。 存分に感じ切った感情というのは、消化され、ドライアイ

                                  スキ
                                  3
                                  • Day Feeling37 45年ぶりの軌道修正 〜タチの悪い自分をリリースするための大切な問い〜

                                    これは私が人生において、たびたび言われていることの一つ。 そう、思い立ったらまずやってみるタイプ。 思い立った時に、「算段」というものは存在しない。 本来なら、思い立ったことを、書き出したり、予想したりして、どんな流れにしたいのかとか、それこそ「意図」を確かにして始めるものなのだろうけれど、如何せん「やってみなきゃわからない」が染み付いていて、考えたところで思い通りにはいかないのだから、まずは何はともあれやってみよう、動いてみようでなんでも始めてしまう。 興味を持ったら

                                    スキ
                                    6
                                    • Day Feeling36 一番話し合うべき人

                                      実は最近・・・・もう一つの自己表現の場を見つけてしまいました。 それは 手帳の、中。 手帳に、感じたことを感じたままに書き始めたら、日に日に書けることが増えて変化して、まさに「ありのまま」を書けるように。 もちろんそれは、他人が見たら意味不明だったり、なんのこっちゃ、だし、脈絡のない文章がなぜか続いている・・・・なんてものもあるのだけれど でも、他人からみたら、意味を成さないだろうそれが私にとっては非常に重要な役割を果たしてくれているのです。 時には自分で書いた言

                                      スキ
                                      5
                                      • Day Feeling 35 「意図」

                                        このDayFeeling を始めた時、何か目的があるかというと、あってないようなもので エッセイストでいたいという自分の思いを叶えてあげたいと思ったし 誰のためでもなく、ただただ自分の感じたことを表現してみたいと思った    とにかく、やってみようと思った、だから、やってみた、のだけれど。     1ヶ月ちょっとやってみて、次第に、はっきり見えてるわけじゃないけれど、何かを感じ始めていて    (父が亡くなったことも、だいぶ落ち着いて、心も穏やかになってきたし。)    

                                        スキ
                                        3
                                        • Day Feeling34 願いを確実に叶えるファーストステップ

                                          思考の力というのはなかなか強力で そして、染み付いた習慣の力というのは、もっと強力。 よっぽど、よっぽど意識していないと、つい、染み付いた習慣に流されてしまう。 それが良き習慣でも、悪しき習慣でも。 良き習慣は、あなたを「わたしはこの自分が好き」と思えるもの。もしくはもっと好きに近づけてくれるもの。 悪しき習慣は、自分を好きにはなれないもの。楽だけど、自分を老化・退化させるもの、と言ったら良いのかな。 意識、意識、意識。 今自分が何を考えてるか 何を基準にしてるか

                                          スキ
                                          4