見出し画像

月商100万のアパレルブランドから学べた10のこと②

自分の作るブランドで生活する。ECサイトは無料で作れるようになり、デザインも身近になってきた。美大や専門卒でなくとも多くの人が自分のアパレルを作れるようになった。

しかし、、、自分の作るブランドで生活する。

これ、、、思っているより相当難しい話です、少し計算してみましょう。

例えばTシャツを4000円で売る。

原価は1000円とする、利益は3000円。月に30万を目指します。
(よく初期フリーランスが月15万を掲げますがフリーランスの月15万は極貧。なので30万にしました)

月に30万というと利益3000円のものを毎月100枚以上。もしこれが2人のプロジェクトであったら➗2になるので毎月200枚以上販売しなければいけない。
1人でやる場合は4000円のTシャツを毎月100枚以上の販売で月30万円!!

この利益からさらに撮影費用やHP制作費用、モデル費用、人件費などのお金を払います。

また同じデザインが月に100枚以上継続的に売れるわけがないのでどんどん新作を出すことになります。

そう、このように自分にとってオリジナルアパレルブランドで生活することは恐ろしいほど厳しい世界だったのです。

あなたの周りには自分のアパレルブランドだけで生きてる人はいますか?

自分の周りを見渡してもそれだけで生きている人はそうそういません。

ーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!脳内アーティスト稲沼です!初っ端から暗い話ですいません。でもこれが自分が思ったリアルでした。

先日このようなツイートをしたところ反応があり、このnoteを書くことにしました!

これ勘違いもされてたんですが、誰かに聞いた話ではなく自分のブランドから学べた話という意味です。

月商100万のアパレルブランドとは自分のやっているTシャツブランドになります。ちなみに月商100万円のカラクリは毎月100万ではなく、年商1200万を12で割ったということです。(アパレルはシーズンもあるので月で考えるのではなく年で考えると良いと思ってます)

2018年のTシャツ年商は460万ほど。2019年はすでに年商1200万を超えています。ちなみに2016年は年商140万ほど、2017年は110万ほどです。

では2018年から何が起きたのか、、、それは、、、

Tシャツがたまたまヒットした

たまたまヒットした。それだけ。FR2の石川涼さんと話させていただいた時に言われました「たまたまヒットすることがまず難しいからね」


他にも新規ブランドを立ち上げるが失敗も多かった。仕事を辞めて自分の作るものだけで生きようと3つブランドをリリースしましたが3つのうち2つは赤字でした笑

その立ち上げ経験を踏まえて、なぜたまたま1つはヒットが起きたのか、あるいは他は赤字だったのか、そしてそのたまたまをなぜ伸ばせたのか。月商100万のアパレルブランドから学べたこと!

確かに自分のアパレルブランドだけで生活するのは難しい。しかし本業との掛け合わせで誰でもアパレルブランドを運営し来たるチャンスを作ることができる。

これは暗い話のnoteではなく、希望のnote!今までの学んだことを書いていきます。



月商100万のアパレルブランドから学べたこと

①着る以外の価値

この続きをみるには

この続き: 9,398文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
どこにもない個人アパレルブランドに関して3本の記事がセットになった有料マガジンです。単品で購入するなら1880円でのマガジン購入がお得!緑色の購入するボタンを押してください。3本読むとしっかり理解できる内容になっております。

アパレルブランドは専門的な知識がないとできない?いや、そんなことはない! 普通大学を中退し、全くの未経験からTシャツだけのオリジナルブラ…

または、記事単体で購入する

月商100万のアパレルブランドから学べた10のこと②

脳内アーティスト / SHUN INANUMA

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
脳内アーティスト / SHUN INANUMA

サポートは表現活動の資金に充てさせて頂いてます!!本当にあざますっ!!

ありがとうございます!!
37
大学中退、借金フリーターからデザインフリーランス3年を経てIMAGINAL起業。その後仕事を全て辞めアーティスト専業に。