見出し画像

個人が作ったオリジナルTシャツが約2000枚売れるまでの道のり①

現在自分の作るTシャツブランドで生活ができている。

思い返すと2000枚販売が1つの分岐点だった(2019年9月現在は8000枚販売)。

2018年7月平成最後の夏に今までのやり方をぶち壊す奇跡が起きたのだ。わずか2週間の販売期間でTシャツが1120枚が売れた

それまで何度かアパレルブランドを作ってきたわけじゃない。美大卒でも専門卒でもない、普通大学を中退したアパレルの知識もない素人。


だからこそこの0枚の状態から2000枚の状態までを辿る文章はアパレルブランドを作りたい人にとって役に立つのではないかと思い書いている。

ブランドを作ってから2000枚に到達するまでは3年の月日が流れている。

いかにして分岐点となった2000枚に到達したのか。何も隠すことなくお金のことも戦略のことも書こうと思う。

2度のクラウドファンディングとEC販売を経て、無名の個人が作ったTシャツが2000枚売れるまでの道!

これを読めばクラウドファンディングとEC販売の具体的な戦略イメージが浮かぶだろう。

2016.5 高校同級生と喋るTシャツ結成
2016.11 第一弾の"出身地Tシャツ"クラウドファンディング開始
2017.11 第二弾の"THANKS Tシャツ"クラウドファンディング開始
2018.7 第三弾の"平成ゆとりTシャツ"ECサイトにて販売開始


このノートは単品での購入もできますが、3本セットのマガジンでの購入がおすすめです。

□初のクラファンで気づいた成功への鍵は事前企画

この続きをみるには

この続き: 6,953文字 / 画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
どこにもない個人アパレルブランドに関して3本の記事がセットになった有料マガジンです。単品で購入するなら1880円でのマガジン購入がお得!緑色の購入するボタンを押してください。3本読むとしっかり理解できる内容になっております。

アパレルブランドは専門的な知識がないとできない?いや、そんなことはない! 普通大学を中退し、全くの未経験からTシャツだけのオリジナルブラ…

または、記事単体で購入する

個人が作ったオリジナルTシャツが約2000枚売れるまでの道のり①

脳内アーティスト / SHUN INANUMA

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
脳内アーティスト / SHUN INANUMA

サポートは表現活動の資金に充てさせて頂いてます!!本当にあざますっ!!

ありがとうございます!!
13
大学中退、借金フリーターからデザインフリーランス3年を経てIMAGINAL起業。その後仕事を全て辞めアーティスト専業に。