初めて親知らずを抜かれた話

予告どおり、親知らずを抜かれてきました。
そして風邪を引きそうです。

(ここまでのあらすじ)
右側の一番奥、上と下の歯が虫歯になっており、冷たさも温かさも甘さも染み入るという状態。

位置的に親知らずよねと思ったらやはり。

(あらすじ終わり)

で、本題。
抜かれたのは、下の歯ではなく上の歯。上の歯の方が虫歯っぷりがすごかったので(自分でもわかる)

歯茎に麻酔を2本刺し、ほどなくして抜かれた。
削るとかではなく、ガッ!ガッ!という効果音が相応しい力技で。

1日3回、貰った痛み止めと化膿止めをしっかり飲み。
ここで残念なお知らせ。化膿止めと併せて痛み止めもしっかりと飲んでいたのだが、あくまでも「痛みが出たときに飲む」ものだったらしく。これで明日以降痛みが出る可能性が。

そんなこともあり、不安な日々はまだ続く。
次回は1週間後に様子見で。

#親知らずの抜歯 #痛み止めは頓服だった #1日3回定期的に飲んでた #痛みが怖い

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もスキです!
あなたと同じく、私も生きてます。 あなたと違って、生き方が不器用なだけで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。