ガンバ大阪戦レビュー      ビッグウェーブは止まらない    1シーズンお疲れ様でした!!
見出し画像

ガンバ大阪戦レビュー      ビッグウェーブは止まらない    1シーズンお疲れ様でした!!

湘南のかねしゅー

降格枠4で始まった今シーズン。湘南は最下位からのスタートでした。積み上げたものを上手く出せる時もあればなかなか上手くいかない時もありました。それでも前を向いて最後に笑うことができた。

辛く悲しい出来事もこの仲間たちと一緒だったから乗り越えていけた。本当にありがとうと伝えたいです。

さぁ最後のレビューだ!スタメンからどうぞ!

ガンバ大阪予想スタメンとスタメン

画像1

画像2

布陣を変えて来ましたね。352にしてサイドが対面する形になりました。ここで驚かずに自分たちの使いたいスペースを意識することが大事です。ずっとやってきている布陣ではないので穴があるはず。そこを見極めていくのが前半のポイントでしたね。選手に関してはやはり 個人の強さが目を引きますね。

湘南ベルマーレ予想スタメンとスタメン

画像3

画像4

富居がスタメンでサブには堀田が入りました。常に出番がなくても準備をしてきた2人なので心配はしてなかったです。FWはやはりサイドをついていきたいので機動力のある大橋と裏抜けでスペースをつけるタリクが起用されました。今シーズンこのメンバーで戦える最後の試合。まず楽しんで自分たちのサッカーを貫くというのが残留につながるのではないかと思っていました。

エアバトル

まずサッカーにおいてボールを奪わなければ何も始まりません。ガンバはさほど立ち位置を変えずにパトリックに放り込んできます。なので湘南が主導権を握るためにはパトリックを前で押さえ込んで競り勝たなきゃいけないんですね。そのこぼれ球を回収することで湘南ははじめて主導権を握ることができる。序盤でしたが重要な局面になりました。

画像5

山本対パトリック。山本は3バックの立ち位置に悩み詰まってしまうことや間を取られてしまうことが多かったです。それでも練習中から課題に取り組み自分の良さを磨いた結果終盤に出番が来ました。そんな彼の真面目さや愚直さが見えたエアバトル。パトリックにほぼ全勝。僕としては少しでも自由を奪えれば良いと思っていたので山本のエアバトルには少し感極まってしまいました。舘と大岩もすぐにカバーに入りボールを回収。山本のおかげで僕たちはガンバを自分たちの陣地に進ませることがほとんどなかった。数少ないセットプレーのピンチも久しぶりの出場であった富居が抜群の飛び出しを見せてクリア。ディフェンス陣の前に進ませない気迫と準備が見えた素晴らしいシーンだったと思います。

画像6

相手に焦りを

ガンバ大阪は湘南の対策のために352を採用しました。湘南がウィングバックに預けるのでそこにプレスをかけたかったと思います。そのまま縦に放り込んでそこで競り勝つ。しかしその狙いを逆手に取り僕たちは的確にスペースをつきました。

画像7

ガンバはサイドを自由にさせずに中盤も同数で戦いながら競り勝てる算段で3バックにした。

画像8

しかしインサイドハーフがサイドを使ったことにより小野瀬と藤春を下げさせて倉田と井手口が立ち位置に困り真ん中を開けてしまう。

こんな感じですね。元々プレビューの通りガンバのサイドは狙い目だったのですが湘南対策に布陣を変えたことによりかえって真ん中が薄くなってしまうという事態が起きてしまいました。湘南がここまで移動してスペースを作った位置を全員で使えると思わなかったのでしょう。これも積み上げた成果ですね。

画像9

画像10

ガンバは割り切って引きますがそうすると聡が空いてしまい自由に攻められてしまう。じゃあインサイドハーフも捕まえて前に出ると機動力で勝る大橋とタリクが裏に抜けてチャンスを作る。どの道ゴールに近い中央をあけてしまいます。そもそも2年近くこの布陣でやって積み上げた湘南に対してガンバはこの日の対策のみ。空く場所も分かるしうちの方がクオリティは高い。山口さんの起用もハマり自分たちで判断したことで前半からクオリティを保てましたね。

画像11

ガンバは442に戻していつも通りの戦い方に。しかし中央は守れるようになったものの湘南はサイドを突くのが最初から狙いだったので主導権は変わらなかった。

想いを背負って

ガンバは布陣を戻していつもの戦い方に。慣れている事で少し動きにキレが戻りました。こういった場面で一瞬でも隙を見せてはいけません。パトリックの競り合いから湘南陣地中央で受けた宇佐美。リフティングをしてボレーシュート。やばい!しかしそのボールはクロスバーに阻まれます。きっと彼がシュートコースを変えてくれたのだと思います。まだ集中しなきゃダメだぞ、もっと楽しめと背中を押された気分になりました。勝手な思い込みかもしれないけどこの試合からは11人だけじゃない色んな人の想いや後押しが見えた気がするんです。

画像12

再度集中。ディフェンス陣はこの後起点になる宇佐美とパトリックを徹底してマーク。自由にさせません。あとはプレビューで話した通り相手が出てきたサイドをついてゴールを取るだけ。しかし最後の最後で立ち塞がったのは東口。決定機を何度も止められ崩すことができませんでした。そりゃ谷がスタメン取れないんだから凄いに決まってる。てことで来年も借りるぜ!

画像14

画像13

ビッグウェーブは止まらない

試合終了。勝ち点1。やれることはやりました。特別なことは何もなく自分たちのやるべきことにフォーカスして全力で走った。いつも通り。あとは神様が見ててくれる。同時刻に始まった広島対徳島は4-2で広島がリードしていました。アディショナルタイムが7分あり緊張が続きます。そして…

画像15

湘南残留決定!!!!!!!!!!!!!!!!   愚直にチャレンジして、全員で戦い、苦しい時に支えあって前に進んだ仲間たちが大きな仕事をやり遂げてくれました。本当に厳しく辛いシーズンでしたが彼らには沢山の勇気と希望をもらいました。コロナで何もできない世の中でも彼らのサッカーを見ている時だけは心の底から楽しめた。応援で少しでもその恩を返せたら嬉しいと思いハリセンを叩き続けました。その気持ちに応えてくれた選手たちを誇りに思います。全員のラインダンス。誰一人欠けてはならない大切な仲間たち。きっとこの光景は忘れない。残留したことよりこのメンバーが報われて、全員で戦えたことが何よりも嬉しかった。    素晴らしいシーズンだったと胸を張って言えます。

画像16

まとめ

みなさん本当にお疲れ様でした。最後まで僕の拙いプレビューとレビューにお付き合いいただきありがとうございます。まだ何個か書きたいものがあるので今シーズンの振り返りや伝えたいことは残しておき軽い挨拶のみにしたいと思います。皆さんの観戦の手助けになっていれば嬉しいです。

いやー沢山書いたなぁ。どの試合も課題や良い部分が見えて、その課題だった部分が次の試合に生かされて、 ルヴァンで見ていた選手が愚直に練習して成長に繋げた。こういったシーズン通してのつながりが見えるのがサッカーの面白さでもあります。

湘南のサッカーは面白く楽しい。でも厳しいことを言うとこんなもんじゃない。最後の試合だって俺は勝てたと思う。そう、まだ僕たちはJ1で戦えるようになっただけ。新たなスタートラインに立っただけなのです。  いつかこのリーグで優勝して世界に名を轟かせるまで僕たちの野望…いや、ビッグウェーブは止まりません。

また来年も湘南と共に戦いましょう!今シーズンも本当にお疲れ様でした!そしてありがとう😊

画像17


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
湘南のかねしゅー
湘南ベルマーレを愛してやまない大学生。 サッカーは面白い!