上智大学 非常勤講師 青地真美 のあきれた知的水準
青地真美

上智大学 非常勤講師 青地真美 のあきれた知的水準

この青地真美とかいう人間は、仮にも上智大学の非常勤講師でありながら、「渡部昇一氏の研究業績が英語学・英文学しかない」ことを根拠に「嫌韓中は単なるビジネス」という結論を引き出せるレベルであることに呆れる以外の反応のしようがない。研究として仕事をすることと、現実社会に意味のある発言をすることには違いもあるということがわからないレベルなのだから。

たとえば「上智大学」の「政治学」の「教授」である中野晃一は、その政治学の研究業績によって、日本の政治のどこかの一部でも良くしたのか?彼がやったことは、ただ単にSEALDsなどと称する、学力が低いくせにデモで民主主義の結果である選挙結果を変えろという政治的テロ行為を助長して、ことごとく失敗しただけなのだが・・・。

法政大学の「政治学」の「教授」である山口二郎はどうだ?「安倍晋三を叩き斬ってやる」という発言を平気でできる人間のどこが「政治学者」なのだ?

この青地真美とかいう人間は、「自分の足下を見ろ」というレベルの概念がわからないまま、それでも上智大学で教鞭を執っているらしい。そりゃ上智大学のレベルも墜ちたものだよと、渡部昇一氏は草葉の陰で嘆いているかも知れんな。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!