やくざ仕込みの媚薬

まあひとの性向は千差万別、そのなかで自分のやりかたの好みや相性が合うひとと出会うって難しいですよね。ふつうのひとは、そんなに次から次へと相手を試してみるわけにもいかないでしょうし。

当時つきあっていたやくざの彼はそんな数少ないひとりで、知り合ったのは実はネット上。何度かやりとりをしてお茶をするようになり、指定の待ち合わせ場所にわたしが立っているところを、彼がどでかいキャデラックで突っ込んできて、京都市内のホテルの喫茶室にいきました。

車にのりこんだわたしを端正な顔つきの彼はじろじろみて、
「かわいいやん」
と言ってくれました。
「残念な外見やったら、素通りして帰って、あとから『どうしてもみつからなかった』って連絡しようと思ってたけどな。かわいいやん」
メールのやりとりでは丁寧な、とてもその業界のひととは思えない穏やかな感じだったし、感性に優れた文学的な文章だったので、ひそかに妄想力ゆたかな文学系学生かとも思っていたのですが、ほんとうにその業界の、指7本(右4本、左3本)で全身に紋々のはいった、迫力のある声つきのひとでした。

この続きをみるには

この続き: 3,356文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ぼちぼち書いていきますので、しばしお待ちを。

いろいろ人生経験するなかで、やくざとのつきあいもありました。受け入れるひとは限られると思われることごとをこのマガジンに収録して、あえて課金…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
にゃーにゃー。
こんにちは!京都に生息する篠木マリです。大学生のときに元やくざの在日韓国人と結婚して親から勘当、別れて復学、負わされた借金返済、授業料、生活費を稼ぐためにSM嬢。それからもいろいろと経験していまがあります。それらをもとにした、あるいは妄想の虚々実々を発信していきたいと思います。

こちらでもピックアップされています

悪いひとが好きです
悪いひとが好きです
  • 5本
  • ¥100

いろいろ人生経験するなかで、やくざとのつきあいもありました。受け入れるひとは限られると思われることごとをこのマガジンに収録して、あえて課金制にします。 …と書いたものの、最初のころ100円払ったひとは損するのでは?ある程度書き溜めて公表しなければ。と思ったりして調べてみたら、このマガジンを一旦購入してもらったら、追加分も読んでもらえるとのことで、安心してぼちぼちあげていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。