「中小企業経営・政策」で暗記アプリを使うコツと覚えた内容/中小企業診断士1次試験対策

中小企業診断士1次試験科目の「中小企業経営・中小企業政策」は、わたしの得点源科目でした。

白書を覚えるの?!

暗記しなければいけないことが多すぎて心配してました。暗記はとても大変なのですが、1次試験科目でもっとも「勉強量=得点アップ」が成立する科目だと思います。

で、その膨大な暗記には、もちろん暗記アプリを使いました。試験直前期に、バァーっとフラッシュ暗記です。実際暗記アプリをどのように使っていたのか、どんな内容をアプリに入れていたのか、公開したいと思います。

<目次>
ーいつ作るか
ーどのようなものを暗記すべきか?
ーぼくが使っていた暗記カード (約186項目)
ー活用方法
ーぼくが使っていた暗記カードスマホアプリ

≪留意点≫
ぼくが暗記カードアプリに取り込んでいたcsvファイルを張り付けてありますので、コピー&ペーストしてデータを流用することができます。ただし、csvファイルやエクセルの扱い方のサポートは一切していません。

僕自身が勉強していた頃の情報なので少し古い点、予めご了承ください。これを参考にご自身でオリジナルな暗記カードを作ってみてください。

画像1

※暗記カードは勉強当時のままになっています。白書の内容変更に伴い、覚えるポイントが若干異なっている可能性がありますのでご自身で微修正をお願いします。また、多少の誤字脱字はお許しください。

どういうところが暗記のポイントなのか?把握するために活用いただければ幸いです!


この続きをみるには

この続き: 15,297文字

「中小企業経営・政策」で暗記アプリを使うコツと覚えた内容/中小企業診断士1次試験対策

ねとたすnote

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
中小企業診断士の「ねとたす」です。noteでは価値ある記事を提供しています。 https://netotas.com/ 【YouTube】https://www.youtube.com/c/netotas 【Twitter】https://twitter.com/netotas