「経済学・経済政策」で暗記アプリを使うコツと覚えていたデータ/中小企業診断士1次試験対策

「経済学・経済政策」で暗記アプリを使うコツと覚えていたデータ/中小企業診断士1次試験対策

中小企業診断士1次試験科目の「経済学・経済政策」は...最も苦手な科目でした。正しくは...ミクロ経済学もマクロ経済学も学ぶのは好きでした。経済ってこんな理論があるんだー、ととても新鮮。でも、いざ模擬試験を受けたりすると、得点が安定しないんですね。。

経済学は、似たような用語が多いので何をするにもまず基礎用語の暗記。そして「不得意科目=毎日触れる」、とにかくこれを徹底するために、暗記アプリを使っていました。では、実際暗記アプリをどのように使っていたのか、どんな内容をアプリに入れていたのか、公開したいと思います。

<目次>
ー暗記カードは、いつ作るか
ーどのようなものを暗記すべきか?
ーぼくが使っていた暗記カード(約190項目)
ー活用方法
ーぼくが使っていた暗記カードスマホアプリ

≪留意点≫
ぼくが暗記カードアプリに取り込んでいたcsvファイルを張り付けてありますので、コピー&ペーストしてデータを流用することができます。ただし、csvファイルやエクセルの扱い方のサポートは一切していません。

僕自身が勉強していた頃の情報なので少し古い点、予めご了承ください。これを参考にご自身でオリジナルな暗記カードを作ってみてください。

画像1

この続きをみるには

この続き: 13,410文字

「経済学・経済政策」で暗記アプリを使うコツと覚えていたデータ/中小企業診断士1次試験対策

ねとたすnote

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中小企業診断士の「ねとたす」です。noteでは価値ある記事を提供しています。 https://netotas.com/ 【YouTube】https://www.youtube.com/c/netotas 【Twitter】https://twitter.com/netotas