見出し画像

さみだれ・ひとりごと⑥

一昨日のことだが、鳥取から出雲への移動日で各駅停車に乗った。

ビールとワンカップ、それに私の好きな幕の内弁当を買って乗り込んだ。

海を見たり、山を越えたりの旅だった。
山陰線は単線だ。すれちがう上りの電車を駅で何度も待った。

人気や活気が感じられないような駅から高校生が乗り込んできた。

日焼けしていた。みんな健康そうに笑っていた。

米子で乗り換えた。酒を補給した。

今回の旅は、米子を四度通過した。電車の窓から米子城の石垣を四度見た。

出雲に着いた。蕎麦屋に行った。
店の人のTシャツのうしろに創業・江戸末期と書いてあった。蕎麦は抜群に美味かったが、Tシャツもかっこヨカッタ。

夏休み畠の中の野球場

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
劇団1980(イチキュウハチマル)の柴田義之による徒然なる随想散文! 散歩、読書、何気ない生活の一コマ、、、 ”しばちゃん”の日常をつづります。