見出し画像

ストーリーがあるか、ないか

鎌倉の、小町通りから少し入ったところにその焼き物屋はあった。こじんまりとしていて、静かな。涼しい風の入ってくる店だった。

「いらっしゃいませ」と、ちいさなおばあちゃんがにこやかに迎えてくれた。

「若いのに、焼き物がお好きなの?」

「いえ、そういうわけではないんですけど。外は暑いし、ガヤガヤしてるしで、疲れちゃって。休憩がてら……って言ったら失礼ですよね、すみません。」

「ふふふ、いいんですよ。そこの通りはいつもにぎやかでね。ちょっと疲れちゃうわよねえ。ごゆっくりどうぞ。」

お言葉に甘えてゆっくりと店内を歩いていると、説明書きも値札もない、ひとつの白いカップが目にとまった。塗装が剥げている部分がある。

「これって……」と声をかけると、おばあちゃんがちょこちょこと近づいてきた。

「ああ、夫が作ったものなんですよ。不器用な人でね。ちょっといびつでしょう?使うには支障ないと思うんだけれど。」

「旦那さんが。そうなんですか。そういうお仕事を?」

「ううん、趣味で。でも、かわいいから置いちゃってるのよ、お店に。」

「たしかに、すごくかわいいです。このやわらかい白。」

「これはね、素焼きの後にうわぐすりっていうのをかけて、もう一回焼くと付くんですよ。あの人、かたちをつくるのが下手なら塗るのも下手で。ほら、このへん。少し地の色が見えてしまっているでしょう。」

そう言いながら、おばあちゃんはとても優しく笑っていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます!サポートいただけたら、勉強と休憩のために使います。

わーい!どうもです!
1
うっかりしてたら新卒フリーランスに。もろもろアシスタント(編集・制作進行など)。note以外に、こっちでも月報を書いてます https://tottira.hateblo.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。