見出し画像

“Sofar Sounds TOKYO” at THE SHARE

※こちらの記事は2014年5月に執筆されたイベントレポートです。

2014年 春、 ロンドン発祥のソーシャルライブイベント
Sofar Sounds (ソファーサウンズ)』が日本に上陸しました。

その記念すべき第1回目の会場に選ばれたのが リビタのシェア型複合施設 THE SHARE

画像1

画像2

音楽はライブハウスやクラブといった空間だけではなく、リビングルームのような空間で、
演奏するアーティストと観客または観客同士のコミュニケーションこそが大事という理念にリビタも共感し、入居者様のご理解・ご支援を頂き実施に至りました。

いまや世界42都市で行われているこのイベントが、日本で行われていなかった理由の一つが、多数の人を招くことができるリビングがある住宅が日本にないから。。。

その理由を発起人の方から聞いた時は、住宅業界に身を置くものとして 申し訳ないやら残念やらの複雑な気持ちになったのを思い出します。
(これが昨年暮れのこと!)

その後、音楽業界の方々を中心とする事務局のミーティングにも加えて頂き、
数回の打ち合わせを経て迎えた当日!!

画像3

画像4

画像5


音楽だけではなく映像のプロたちもボランティアで運営メンバーに参画しており、
プロフェッショナル達の無駄のない滑らかな動きはそれすらも音楽を奏でているかのようです。

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

Sofar Sounds TOKYO 第1回目の幕はおりました。

日本での開催は難しいと思われていたこのイベント。

ひとり(一部屋)では出来ないことも複数で空間をシェアするスタイルであれば広いリビングも共有できる。

都心部で広い家を買うことが(高すぎて)出来なくても、今既にあるものを活用することで合理的に手に入れることができる。
広い=幸せではないが、ある程度の広さがあることで出来ることがまだまだある。

『シェア型賃貸住宅(シェアプレイス)』や『R100 TOKYO』
など、様々な取り組みを行っているリビタに通じる思いは、
合理的で快適な暮らしによる真の豊かさの追求

家だからできること。

家なのにできること。

家はもっともっと面白くなりそうです。

メディアでも紹介されました!
WIRED: http://wired.jp/2014/04/20/sofar-sounds/
『居間で楽しむライヴ・ミュージック:新しい音楽体験のプラットフォーム「Sofar Sounds」が東京上陸』

Web Across: http://www.web-across.com/todays/srnrj20000029wns.html
『sofar sounds(ソファーサウンズ)、日本上陸!』

対応する物件はこちら
THE SHARE

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
最大120室の大型シェアハウス「シェアプレイス」のマガジン ●イベントレポート ●スタッフブログ ●入居者インタビュー ●卒業生インタビュー etc... ※2015年~のアーカイヴとなり、noteでのUP日と過去記事の執筆日に差がある記事がございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。