大失敗した後悔と反省文(そして伝えたいこと)

大失敗した後悔と反省文(そして伝えたいこと)

SEOくん

※2021年に書いた内容です。


まずは、大勢の期待を裏切ってしまい、申し訳ありませんでした。
私の人生において大きな失敗を犯しました。私の今後の人生では、逆に、無償で誰かを応援できるような、応援者側になれるように生きていきます。

***

結論から言えば、現在において、有料情報などを購入する必要は、ほぼありません。時代は変わりました。インターネット黎明期〜2010年前後であれば、情報の民主化が進んでいなかったため、多少お金を払って情報を購入することに価値があったのかもしれません。

今や、行動力と、少しばかりの情報リテラシー(コレ重要)さえあれば、基本的には無料で情報を収集できます。

かと言って、「SEOくんの記事を見れば救われる」などといった、まるで教祖のような戯言を吐くつもりも到底ありません。

実際に、あなたが手を動かし続ければ、いずれ形にはなり、多少の金銭は個人でも稼げる時代になっているように思います。スモールビジネスを成功に導くには、結局の所、自分なりに「着手する理由」があるかどうか、「続ける覚悟があるかどうか」だと思っています。

明確な意志がなければ、「お金を払いさえすればなんとかしてくれる」などといった淡い期待を抱き続けたり、インフルエンサーの取り巻きとなり、知らぬ間に、財布からお金が逃げていってしまいます。

...などといった偉そうなことを言ってる私も、当サイトを運営し続ける準備、覚悟がなく、過去に、フォロワー様へ多大なる裏切りを起こしてしまいました。

クラファン支援者および応援してくれたフォロワーの皆様の信頼を裏切ってしまいました。その節は皆様に、悲しい想いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

当初は「サイト事業として拡大したい」と考え、多少の炎上を覚悟してサイテーション施策やマネタイズも意識しておりましたが、皆様のご期待に応えれるようなコンテンツの更新や質を担保できず....。

結果的に立ち回りとして最悪で、多大な失敗を犯しました。

その後、数多のご意見、頭が痛くなるような、正直、気分が悪くなったり動悸がおかしくなりそうな批判も頂戴しました。全て私の責任です。

遅ればせながら、当初のマネタイズも平行して進めていく方針は撤退としました。本当に判断が遅かったように思います。反省しています。※2021年の判断

※したがって、アフィリエイトリンクが入った記事は全て非公開にしております。ただし「アフィリエイトが悪である」という決めつけも早計ですので注意。あくまでスタンスとして分かりやすく「SEOくんではサポーターによって支援されているサイトのためアフィはやらない」と明示しているだけです。善い儲け方もあります。

追伸:22年4月、サイトへのスパム攻撃が膨大だった+諸事情のためnoteに移行しました(サーバー契約自体は3年で契約していたので、あと1年ありましたが、拙いながらも過去に作成したテキストを残し続けることで誰かの為になればと思い、noteに移行する判断をとりました)

かなC

あまりの自分の力のなさ、惨状。詐欺師をも疑われて当然の行動を犯してしまい、一時期、私の頭の中では、サイト、Twitter削除などを実施し、全撤退をも考えました。

しかし、ここで逃げるのは筋ではないと思っております。元をたどれば、このサイトはご支援、ご厚意によって成立しております。
22年追伸:全削除ではなく、残す判断をとりました。

今後について私が誓うべきは、変にアフィリエイトを実施することなく、サポーターのご支援、ご厚意にお答えすること。

私なりの見解や、エッセイ、コラムを、SEOや収益化など意識せずに、画面の先の困っている人たちに向けて、たった1人でも救えるような文章を不器用なりに綴れればと思っております。(追伸:22年1月までSlack内で発信を続けてました。)

偽善者と言われようが、私の発信で誰かが救われるなら本望です。

特にフォロワーを集めたい、復活させたいなどの意図などもございません。

EAT戦略、云々もありません。私なりの償いとして、当初の想いを実現するべく、懺悔していくのが、私の残された人生の時間で実施すべき、当然の報いかと認識しております。

追伸:したがって、一時は全削除を試みたツイッターやテキストコンテンツも拙いながらも誰でも見られるように残しておきます。(今見返すと恥ずかしい内容ですが、初学者にとってはお役に立てる内容もあるかと思い)

未熟者ではありますが、少しでも何か参考にして頂けますと幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SEOくん

有料noteで稼ぐのは楽かもしれませんが、それに味を占めるのは違うと思う。心から感動してくださってサポートまでしてくださるのって、本当に嬉しい。額がいくらであってもその気持を大切にします。

SEOくん
せお君。努力型凡人。コツコツと価値を提供し、成果を上げたい人向け。 人生急がば回れ。遠回りこそ、最大の近道。