CandyCircus #7 /チューリップの踊り子
見出し画像

CandyCircus #7 /チューリップの踊り子


1、デザイン

画像1

作品は、逆さま絵画になっていて、チューリップが咲く様子と踊り子のドレスに。小人も一緒になって踊っている可愛いデザイン。元々はお菓子のサーカスが作品のテーマです。ちなみに、この作品は【小豆琥珀】。

黒を基調・多くの面積を占めているため、暗く・圧迫感が出るのかと思えば、かえってグリーンや赤、黄色といったCandyCircusらしい、色彩が際立つ、不思議な色彩を持つ、魅力的な袋帯となりました。


2、織組織

経糸を覆い隠すくらい緻密に緯糸(横糸)を通す織り方

この帯では絹糸と黒糸にはラメ糸を同時に織ることで、ボリューム感・立体感を作り出しています(触るとこの部分だけ、素材感を感じる)。

画像2

水彩画の様に、色と色を混ぜることで、その間の色、中間色を作り出し、織でぼかし表現を行っています。今回は黒の糸とラメ糸の立体感をつかい、さらに奥行きを表現することできたと思います。

3、お腹・裏地

◯お腹部分

画像3

葉の部分を織で表現。
帯締めや帯留を通した三分紐が枝になる様なイメージでデザインしています。


◯裏地は作品クッキー気球を元に制作。

画像4

当然、裏も表と同じ紹巴織で製織。同じ職人が同じ時期に織ることで、袋帯となった際の一体感を重視して制作します。


4、コーディネート例



画像5





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます〜!
京都西陣の織元となみ織物の専務です。 日々行っているモノづくり、帯を中心とする着物や小物などそれらモノづくりの記録を書いていきます。 帯は着物姿の顔というだけあって、非常に個性的なモノが多くあります。皆さんにその一端を見て、楽しんで頂ければ、嬉しいです。