【インタビュー/法人事業部・金子】トライの数が大事なフェーズで、企画力を磨き続ける
見出し画像

【インタビュー/法人事業部・金子】トライの数が大事なフェーズで、企画力を磨き続ける

▲Wantedlyからもご覧ください

Profile:金子 紘也(かねこ・こうや)
2015年新卒入社。
入社1年目から九州拠点の立ち上げを任される等、「はいチーズ!」の営業として顧客満足の拡大に寄与。現在は、法人事業部で写真館撮影プランの営業マネジメントを行う。

この記事はこんな方におすすめ!
・法人事業部の営業職に興味がある方
・興味があるのは他の職種だが、千にどんな社員がいるのか知りたい方
・千の社員(お互いのことをよく知ろう)

トライ&エラーでスピード感を持って成長

ー金子さんは、今どんなお仕事をしているんですか?

まず法人事業部がどんな部署なのか簡単に説明しますね。千の「はいチーズ!フォト」というサービスには、写真館撮影プランというものがあります。学校写真の撮影販売をしている写真館・撮影事業者様が撮った写真のインターネット販売を行うプランです。このプランをご利用いただくために写真館向け営業をしています。私は、事業部長の玉井とメンバーたちの間で、既存・サポートチームのマネジメントを行っています。

ー新卒で入社してからもうすぐ7年になりますが、金子さんが千で働く理由って何ですか?

千への入社を決めた一番大きな理由は「成長スピード」にあります。マネージャーや部長も若い人が多く、早くマネジメント経験を積めるのではないかと考えていました。実際、1年目で九州拠点の立ち上げをやらせてもらったり、リーダーポジションも早々に任せてもらうことができました。うまくいかないこともありましたが、トライとエラー両方経験できたことが成長の速さにつながっていると思います。大事なのは、自分から声をあげることです。チャンスは誰にでも平等に与えられるものではなく、取りにいかなければならないと思っています。

画像2

課題を明確化させた上でのソリューション提案

ー金子さんの仕事の価値観として「成長」があるということですが、法人事業部ではどんな成長をすることができるか教えて下さい。

1つ目は、課題解決能力です。写真館と一口に言っても、業態は様々です。どこも学校写真だけをやっているわけではありません。学校写真はごく一部で、主にスタジオ写真に注力しているところもあります。他にも、プリントや配送を自社でやっているか、外注しているかが違ったり。業態が違うと悩みも違います。お困りごとを明確化して、それを解決するような形で提案しないと、私たちのサービスの価値を分かっていただくことは難しいです。

ーそうなると、どんな工夫が必要になるんですか?

中途で昨年入社して活躍してる、あるメンバーはとにかく情報収集が得意です。「なぜ?なぜ?」と深堀りで話を聞くので、課題をクリアにすることができています。お客様の立場に立って、お困りごとを一緒に明確化させていくための工夫が大事です。丁寧なヒヤリングをベースとしたソリューション提案を繰り返していけると、課題解決能力が高まっていくと思います。

画像1

フットワーク軽く施策を回すことで企画力を鍛える

ーどんな成長ができるか、2つ目を教えて下さい。

2つ目は、企画力です。まだ事業部が発足してから間もないこともあり、絶対にこうすれば良いという決まりきった型があるわけではありません。だからこそ、「どんどんアイデアを出すこと」、「まずやってみること」、「フットワーク軽く施策を回すこと」が求められます。今年入社したメンバーも、入社後早々にブレストミーティングに入ってもらって、たくさん施策アイデアを出してもらっています。企画した全てがうまくいっているわけではないですが、今はトライの数が大事なフェーズです。企画力が否が応でも伸ばされる環境だと思います。

ー実際に企画してうまくいったことはどんなことですか?

私たちのサービスの場合、写真館様が我々のプランを使いたいとなっても、撮影先の学校にOKを出してもらう必要があります。実際に学校に話を持ちかけるのは、学校と契約をしている写真館様が行います。なので、写真館様のために私たちが学校担当者役でロープレをやったり、作った問答集をお渡しするという施策を行いました。営業コンサルですね。提案や営業ということに自信をお持ちでない写真館様は結構いらっしゃるので、いつもありがたがっていただいていますし、成約率も上がっています。

ー最後に、事業部の雰囲気について教えて下さい。

事業部全体として、前向きな人が多いイメージですね。やったことが無いことでもやっていこうという雰囲気があります。また、年齢や経験関係なく教え合っていて、フラットな組織だと思っています。今までの経験を生かしてチャレンジしたい方にきていただきたいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てください♪
保育・子育てTechの千株式会社。 2019年10月~noteを始めました!今までのブログは「千株式会社ブログ」で検索してみてください!