全 15 シリーズから未発表作を多数含む 500 点を収録した、著者自選ベスト。 青山裕企写真集「SCHOOLGIRLス ク ー ル ガ ー ル COMPLEXコ ン プ レ ッ ク ス A to Z」発売!
見出し画像

全 15 シリーズから未発表作を多数含む 500 点を収録した、著者自選ベスト。 青山裕企写真集「SCHOOLGIRLス ク ー ル ガ ー ル COMPLEXコ ン プ レ ッ ク ス A to Z」発売!

写真家 青山裕企が 2006 年から続けている大ヒット作品『SCHOOLGIRL COMPLEX』シリーズの最新作にして集大成となる写真集「SCHOOLGIRL COMPLEX A to Z」を刊行しました。

画像1


“schoolgirl complex”とは

“schoolgirl complex”は、写真家・青山裕企が 2006 年から制作を続けている作品です。

この作品は思春期の頃に、同級生の女子たちに対して、眼を見るのはもちろんのこと、面と向かって話すことすらできず、今となっては彼女たちの顔も思い出せないほどだという青山が、原体験から生じた妄想を巡らせ、青山にとっての“schoolgirl”たちに対する“complex”をテーマに撮影が始まりました。

透けるシャツ、ソックス、チェックのスカートからのびる足、膝裏、ほくろ、かさぶたなど、画一的な制服を身にまとっていても、女子学生たちの個性の痕跡はたしかに存在している――。
思春期の頃の青山はそれらに対して強い妄想と欲望を抱くと同時に、女性に対して強い恐怖心(コンプレックス)があったといいます。そんな複雑な感情、妄想、欲望を、徹底的に洗練された形で表現し記号化することを目指して、“schoolgirl complex”の基本の表現が生まれました。

シリーズは全部で 15 を数え、撮影を重ねるごとに青山の妄想は加速していきます。
過ぎ去った思春期を必死に思い出して“package”しようと、緩衝剤やビニールで女子学生を包んでみたり。学校という閉鎖された空間から離れて、その対極にあるような「世界の終わり」を想像させる荒涼とした地を
舞台にした“女の子同士の謎めいた関係性”を撮影するため、アイスランドロケを敢行したり......。
果ては「制服を脱いだら、その記号性の内側には何が存在しているのか」という本能的かつ欲望的な関心から、“制服とともに記号性も脱ぎ捨てた女子学生”というシリーズも生まれました。とうとう“schoolgirl”という縛りすらなくなってしまったのです。

15 年間に及ぶ撮影の中で、撮影対象が“青山と女の子の距離感”から“女の子同士の関係性”に移り、さらに女の子たちの記号性ではなく個性にも焦点を当てるように変化していきました。その結果、記号性の象徴でもあった「顔を写さない」というルールも取り払われました。

関心の対象の変化と共に青山自身のコンプレックスは次第に解消されていき、本書で 15 年分の“schoolgirlcomplex”の全貌(A to Z)をまとめることで、妄想を巡らせ、加速させてきた旅はいったん一区切りとなります。

物語は終焉を迎えるのか、新たな妄想の扉が開くのか――。
これからも妄想の世界の“schoolgirl”から目が離せません。

“schoolgirl complex”全 15 シリーズ紹介

1.undercover(2006-2007)
いわば習作と言ってもいい、まだタイトルが“schoolgirl complex”になる前の作品。

画像2

2.schoolgirl complex(2006-2014)
思春期の頃に抱いていた複雑な感情、妄想、欲望を記号化して表現することにより、思春期の儚さや危うさを多面的に表現した作品。

画像3

3.schoolgirl scanner[color / monochrome](2007-2014)
まるで女子学生をスキャニングしているかのようなイメージ画像の収集をテーマにした作品。

画像4

4.pupa(2007-2016)
個性と記号性の境界線を探る、顔をテーマにした作品。

画像5

5.[pack・ age](2007-2011)
過ぎ去ってしまった思春期を必死に思い出して、“package”しようとした作品。

画像6

6.youthful(2008-2011)
「女の子に対して一喜一憂した、放課後の出来事」をテーマにした作品。

画像7

7.cocoon(2009-2015)
これまで撮影してきた青山と女の子との“距離感”ではなく女の子同士の“関係性”を撮影しようと考えた作品。

画像8

8.SGC “ Q”(2013)
「女の子なんて、分かるわけがない」という気持ちを素直に表現した作品。

画像9

9.世 界 の 終 わ り と 恋 の 始 ま り (2015)
学校から離れて、“世界の終わり”のような荒涼とした地に佇む“女の子同士の謎めいた関係性”をテーマにした作品。

画像10

10.かわいいス カ ー  のめくりかた (2016)
女の子のことを知りたい、分かりたいと夢中で撮り続けた、その先に辿り着いた“自由で奔放、無防備”な世界。

画像11

11.秘密の時間 (2016-2021)
女の子同士のコンプレックス(複雑な感情)を写し出そうと試みた作品。

画像12

12.スクールガール・ファンタジ ー ( 2017-2019)
コンプレックスからファンタジーへ。“schoolgirl complex”を前提から覆すような、突き抜けた想いで撮影した作品。

画像13

13.schoolgirl complex -少女幻論 -(2018-2021)
少女という存在について考え、考えれば考えるほど答えは出ない、という想いを原動力に撮影を続ける作品。

画像14

14.妄想女子校 (2018-2021)
スリルとエロスの関係性をテーマに、夜の女子校を舞台に撮影した作品。

画像15

15.ecdysis(2014-2021)
「制服を脱いだら、その記号性の内側には何が存在しているのか」という本能的かつ欲望的な関心をテーマにした作品。

画像16

書誌情報

発売:2021 年9月末
書名:SCHOOLGIRL COMPLEX A to Z
著者:青山裕企
判型:A5 変型
総頁:512 頁
定価:本体4, 500 円+税
ISBN978-4-86152-856-9 C0072

サイン本(限定数)はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「当代の芸術の存在感を顕す」をモットーに、現代美術、写真集をはじめ、様々なアートブックを刊行しています。 http://www.seigensha.com/