見出し画像

2021年版 VPNでオーバーウォッチをしよう【PC版 OVERWATCH】

オーバーウォッチを PC で遊ばれてる方限定の内容になります。
PS4 では、この方法は適用できませんのでご了承ください。
2021年1月時点での内容になります。
時間の経過で方法が変わっている場合があるのでご注意ください。

はじめに

オーバーウォッチは遊ぶサーバーを選択できることは御存知だと思います。
以下3つから選択することができます。
括弧内に、日本からの接続先も記載します。
・南北アメリカ(シンガポール)
・アジア(台北・ソウル・東京)
・ヨーロッパ(中東)

北米を選んだのにシンガポール?
ヨーロッパを選んでも中東?

ちがうだろー!
このように通常のマッチメイキングでは実際の北米圏のプレイヤーと遊ぶことはできません
NAサーバーで遊んでいると思っているほとんどの人はシンガポールサーバーで遊んでいるのです。
シンガポールサーバーはアジアサーバーからの避難先として韓国人・台湾人・日本人が集いますので、結局アジアサーバーと大して変わりません。
今回、私がおすすめするのは南北アメリカのこのサーバーです。
・ロサンゼルスサーバー

ロサンゼルスサーバーのメリットです。
・シンガポールサーバーと大して変わらないPING(110~150ms)
・人が多いおためマッチングの待機時間が短い
 (サポートは5分以内、DPSでも5分程度でマッチすることも)
・どのレート帯でもボイスチャットが盛り上がっている
・トロールが少ない
・スマーフが少ない
・配信スナイプされにくい
・レート差の開きが小さい
・英語でコミュニケーションが取れる

最も気になるラグの影響ですが、Twitch の配信者でゲンジメインの日本人が PING 160ms でグラマス帯で普通にプレイされてましたので多くの人には問題なく遊べるレベルだと思います。
世界1位アナで有名な ML7 も遅延 150ms でアナとバティストをやってます。 
また、ヨーロッパ DPS 1位常連の YZNSA は、ExitLag でロサンゼルスに乗り込み、遅延 210ms でトップ100位に食い込んでます。
(ドゥームフィストメインには若干辛いかもしれません。)

シンガポールサーバーで遊べる方はロサンゼルスサーバーで快適に楽しめるでしょう。
日本時間の午前中から午後2時までが最もプレイヤーが多くマッチングが早いです。
それ以外の時間でも、アジアよりは十分早いです。

画像15

画像18

下の動画は YZNSA が遅延210msで5キルしているクリップです。
https://clips.twitch.tv/CoweringQuaintGrasshopperHoneyBadger

自分がどこのサーバーにつながっているかを確認する方法

台北、ソウル、東京、シンガポール、今自分がどのサーバーにつながっているのかを簡単に確認する方法があります。
試合中でも良いのですが試しに練習場に入ってみましょう。

そこで「Ctrlキー、Shiftキー、Nキー」を同時に押してみてください。
画面にグラフが表示され、左上にサーバーの場所がわかるコードが書かれています。
「Ctrlキー、Shiftキー、Nキー」をもう一度押すとグラフを消すことができます。

画像1

サーバーの場所一覧

以下、コードからわかるサーバーの場所一覧です。

南北アメリカ
・ord1 - シカゴ(東海岸、最も人口が多いが遠い)
・lax1 - ロサンゼルス(西海岸、まぁまぁ人口が多く近い)
・gsg1 - シンガポール(アジアの掃き溜め、日本から南北アメリカを選択するとここにつながる)
・syd2 - オーストラリア
・gbr4 - ブラジル

アジア(韓国の実効支配)
・gtk1 - 日本
・icn1 - 韓国
・tpe1 - 台北

ヨーロッパ
・cdg1 - フランス
・ams1 - オランダ
・mes1 - バーレーン(中東、日本からヨーロッパを選択するとここにつながる)

本記事では、lax1 へ接続することを目的とします。

必要なもの

日本からロサンゼルスサーバーへ接続するには、とてもめんどくさそうな VPN という仕組みを PC に導入する必要があります。
(すごく簡単に説明しますと、VPN を使うことで、自分の PC の地域を別の地域にいるかのように偽装することができます。)

※ VPN は無料のものもありますが、ゲームではラグがひどく使い物にはならないので注意です。
難しい話はおいておきましょう。
本記事では私がもっとも簡単だと思う方法を紹介します。

ExitLag というゲームに特化した VPN アプリを使います。
他にもマッドフィッシュなどがありますが、速度・安定性・手軽さともに ExitLag が今最も良い VPN だと思います。
これを使えば他の通信や動画配信に影響を与えることなくオーバーウォッチだけを VPN(偽装)することができます。
そのため、通信容量の制限もありません

月額 6.5 ドルかかります。半年35ドルもあります。
まずは3日間無料でお試しできますので、それでご判断ください。

私は半年以上使用していますが、非常に安定しています。
切断も滅多にありません。
オーバーウォッチのサーバーの方がよほど不安定です。

ExitLag のユーザー登録

① まずはこちらから ExitLag のサイトにアクセスします。
https://www.exitlag.com/refer/1756093

FREE TRIAL というボタンをクリックします。
(いくつかあるかもしれませんがどっちでも同じです。)

画像2

② メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。

画像3

③ アカウント作成が成功したらこの画面が表示されます。
OK, THANK YOU!」はクリックしてもしなくてもどっちでもいいです。
この画面は閉じても良いです。

画像4

④ 登録したメールアドレスを認証します。
メールボックスに Verify Email というタイトルで確認メールが届いていますので開いて「CONFIRM」をクリックします。

画像5

ユーザー登録は以上です。

ExitLag アプリのインストール

① ExitLag アプリをダウンロードします。
以下のページにアクセスして「DOWNLOAD EXITLAG」をクリックします。
https://www.exitlag.com/en/my-account/download
(このページにアクセスする際にログインを求められることがあります。)

画像6

② ダウンロードした「SetupExitLag」を実行します。
インストールは成り行きのままに「Next」ボタン、「OK」ボタンを押して完了します。

画像7

③ インストールが完了すると自動で ExitLag が起動します。
※ 必要に応じて再起動を求められることもあります。その場合は再起動してから ExitLag を起動してください。

初回起動時はログイン情報を求めらますので、入力してください。

次に最適なネットワークルートを解析しますので待ちます。
この画面は起動するたびに表示されます。

画像8

④ そのあと、以下のような画面が表示されます。
これはネットの省電力機能を無効にするかの確認です。
安定した通信をするためにも「YES」をクリックします。
(あとで変更もできます。)

画像9

インストールは以上です。
※ 途中で Windows ファイアウォールのダイアログが出てくることがあります。その場合「キャンセル」で大丈夫です。

画像17

ExitLag アプリの設定

① 起動した ExitLag アプリの HOME 画面の検索ボックスに Overwatch と入力します。

画像10

② 左のリストにある Overwatch をクリックすると、設定画面が出ます。
Game region のボックスをクリックし「US Los Angeles」を選択します。
01~04 など数字がありますがどれでも大丈夫です。
個人的には 03 が速いように思います。
最後に「APPLY ROUTES」をクリックします。

画像11

③ 手順通り進めると Overwatch のアイコンの下に赤い丸が点灯します。

画像12

設定は以上です。
これ以外の設定は弄る必要はありません。
次回からは ExitLag アプリを先に起動するだけで良いです。
念の為、PC を再起動しましょう。

オーバーウォッチでロサンゼルスに接続する

ここまでくれば簡単です。
順番だけ間違えなければ簡単にロサンゼルスに接続できます。
① Battle.net アプリを立ち上げます。
※ オーバーウォッチを既に立ち上げてる場合は終了してください。
※ 必ず先に ExitLag アプリを立ち上げておいてください。

オーバーウォッチの地域選択から「南北アメリカ」を選択します。
そして、プレイをクリックしてください。

画像13

② オーバーウォッチが立ち上がったら練習場に行って「Ctrlキー、Shiftキー、Nキー」を同時に押してみてください。
サーバーのコードが lax1 または ord1 になっていて、遅延も 180 ミリ以内だと思います。
早い人ですと 110 ミリの人もいます。
※ なぜか1回目はシンガポールにつながる場合があります。練習場に何回か入り直してみてください。

「Ctrlキー、Shiftキー、Nキー」をもう一度押すとグラフを消すことができます。
遅延はオプションから表示することができます。
できれば常に表示するようにしましょう。

画像14

オーバーウォッチでロサンゼルスに接続する手順は以上となります。

クイックマッチで問題ないか試してみてください。
問題がなければライバルプレイも快適に遊べるでしょう。

グループを組むとき

リーダーが VPN を使っている場合どこのサーバーにいくのか。
それはブリザード次第ですがデュオだとリーダーに合わせられやすいです。

【デュオの例】
リーダー VPNあり
フレンド VPNなし
 → わりとロサンゼルスにつながります。

【3パの例】
リーダー VPNあり
フレンド2名 VPNなし
 → 半分くらいの確立でロサンゼルスにつながります。

【4パの例】
リーダー VPNあり
フレンド3名 VPNなし
 → わりとシンガポールにつながります。

3パでリーダーのみ VPN ありだとどっちになるのかは不明確です。
4パ以上でリーダーのみ VPN ありだとシンガポールに引っ張られやすいです。
4パ以上だと2名くらいは VPN つなげたいところです。

もしシンガポールにつながった場合、VPN 使用者はロサンゼルスを経由してシンガポールにつながるため遅延が 400 ミリ秒などになります
その場合、ExitLag のスイッチ部分を OFF にすることで通常の遅延に戻ります。
(試合中でも大丈夫でした。)

画像16

ExitLag の支払いについて

ExitLag は他のたくさんのゲームやインターネットブラウザの場所も偽装できます。
試用期間で気に入った場合、課金して継続することができます。
その場合、PayPal とクレジットカードでの支払いができます。
私は PayPal で支払っています。
日本のクレジットカードは使えない可能性があるのでご注意ください。
また、WebMoney の対応表記がありますが、日本のウェブマネーとは別サービスだと思われますのでこちらもご注意ください。

トラブル?

私は PC やルーター設定などにある程度詳しいためトラブルには遭遇していません。
もし、うまく接続できない場合以下の対応でうまくいくかもしれません。
(※ それでもうまくいかない人もいるようです。ネット環境や相性問題がありますので、マッドフィッシュなど他の VPN をご検討ください。)

・PC を再起動する

・ファイアウォールを無効にする
 (ExitLag と オーバーウォッチだけを無効にする)
・外部のセキュリティ対策ソフトを無効にする

入れる必要のないセキュリティ対策ソフトが問題になるケースが考えられます。
アバスト、ウイルスバスター、マカフィー、ノートン、カスペルスキーなど入れていませんか?
よくわからず入れてるならアンインストールを検討してみてください。
Windows 10 には元々安定性の高いマイクロソフト製のセキュリティ対策ソフト「Windows Defender」が入っているため、他のセキュリティ対策ソフトは不要です。
(むしろ重くなる、変な動作をする、情報を収集される。)

ExitLag で遊んでる配信者紹介

👾コロコロさん(トールビョーン&ゲンジメイン)
https://www.twitch.tv/korokoro_ow
毎日、5~10 時間配信されてます。
ExitLag 導入前まではアジアで20分待ちで DPS やってましたがロサンゼルスに接続してからは5分以内マッチが多くレートもモリモリと1ヶ月で 2800 → 3800 まで上がり現在は 4300 です。

おしまい

以上です。長い記事ですがお付き合いいただきありがとうございました。
一度ロサンゼルスサーバーを体験してしまうと、もうアジアには戻れない人が続出しております。
それでは最高のオーバーウォッチライフをお過ごしください。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
オーバーウォッチが好き。