トップに聞く/アサカ理研/油木田祐策社長/「LiB to LiB」へ前進/再生品使用メーカーは必須
見出し画像

トップに聞く/アサカ理研/油木田祐策社長/「LiB to LiB」へ前進/再生品使用メーカーは必須

 自動車分野でEV(電気自動車)化の流れが加速する中、リチウムイオン電池(LiB)の循環システム『LiBtoLiB』の実現に向けたLiB再生事業の量産プラントの建設が、アサカ理研のいわき工場(福島県)で始まった。LiBに含まれるコバルト、ニッケル、リチウムなどの分離・回収し、LiB材料として再生するための事業化を進める。リサイクルに向けた思いなどを油木田祐策社長に聞いた。


 ――新プラントの建設が始まったが、来年1月の稼働開始に向けた進捗などを。


 「4月に地鎮祭を行い、工場はほぼ予定通りに建設が進んでいる。世の中でEV化の動きが加速化しているが、リサイクルの材料を使って電池を製造するのは世界でも初の試み。LiBから出てきたリサイクル品は現在、他の製品に使われているが、われわれは『LiBtoLiB』とし、理想的には一粒残らずLiBに再生していきたい」

この続きをみるには

この続き: 1,065文字

トップに聞く/アサカ理研/油木田祐策社長/「LiB to LiB」へ前進/再生品使用メーカーは必須

日刊産業新聞

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鉄鋼、非鉄金属業界の専門紙