スクリーンショット_2019-12-31_18

リフカムの2019年振り返り

2019年の振り返りを社内向けにまとめていたのですが、オープンにしちゃおうと思います。

2019年の経営にインパクトのあったできごと

組織としては、重要なポジションにプロフェッショナルな仲間が集まったことから始まり、仲間の成長が際立った1年となりました。

事業としては、200%成長ができましたが、「もがいた1年」でした。答えが見えない中で、手探りでチームみんなで戦いました。大きな木を育てるために、根を張る努力をした1年とも振り返れると思います。

以下、出来事の抜粋です。

1月:取締役 CXO出口さん入社決定
1月:財務責任者のけいちゃんの入社決定
2月:広報責任者の安部さんの入社決定
3月:3.5億円のエクイティファイナンス
4月:マネージャ制度の廃止
5月:カスタマーサクセスの経典作成
5月:リファラルアンケート機能の開発方針決定
5月:バリューの決定
6月:Refcome Teamsのビジネス立ち上げ
7月:ツナグ・ソリューションズと業務提携
7月:経済産業省へリファラル支援実施
9月:河合さん、石黒さんがビジネスパートナーに
10月:深谷さんのもとに新規サービス開発室の組閣決定
10月:小田さんをTeamsプロジェクトへアサイン
10月:静岡拠点の設立
11月:IncubateFund壁谷さんがビジネスパートナーに
11月:リファカレ(ユーザ会)の開催
12月:経営企画にてコスト体制を見直し
12月:経営企画にて予実管理体制の基本設計
12月:Teamsリリース2ヶ月でMRR200万円に
12月:事業部制の意思決定
12月:執行役員CROに小山さんを抜擢
12月:MRRからLTVフォーカスの方針決定

バリュー策定の様子画像2

静岡オフィスにてCS合宿の様子
画像1

月1回の経営振り返り会のあとオフィスにて(笑)
スクリーンショット 2019-12-31 16.03.42

CXOの座をかけてゲームをする2人画像4

大規模なユーザ会も開催しました!画像5

2020年にチャレンジしたいこと

Refcomeは、IT系スタートアップから飲食チェーン店にまで使われるHorizontalなサービスになりました。

一方で、誰に・どんな課題を・どう解決するか?といった一人のお客様の視点でサービスを作ることの難易度が上がっていると感じています。だからこそ、本当に自分たちが価値を信じられて、お客様の採用を仲間集めに変えていけるそんなサービスを創りきります。

来年の事業テーマ🙌

愛されるサービスを創ること

リフカムは、30名のチームになりました。自分で言うのはなんですがリフカムは、「仲間想いの良い人たち」が集まった本当に自慢できるチームだと思います。

2020年は、そんな優しさを持ちながらも「もっと活躍して、成果を出そう」という自身の実力トップラインを上げることを、やりやすいチームにしていきます。活躍する仲間のトップラインをもっと引き上げて大暴れできる会社にしていきたい。

来年の組織テーマ🙌

優しさの中に、強さを持ったチーム創り

そんなテーマを持った中、主に以下のようなことを仕掛けていこうと考えている年末です。

・リファラルサービスから社員から愛される会社を作るサービスに
・職能制から事業部制の組織の定着と実施
・フォーカスする顧客ターゲットの決めきり
・プロフェッショナル商材チームの立ち上げ
・MRRやヘルススコアや、その内訳を誰でもリアルタイムで見えるように
・月次コスト、売上に対して月次予実会議を行うように
・ユーザコミュニティの活性化と共にサービスを作るしかけ
・株主の皆さんとも一緒になって経営課題を解決していく取り組み
・取締役COO、執行役員の抜擢、採用

CEOの2019年の振り返り

今年の目標を達成するための手助けを多くしていた1年でした。ですが、それらを行うことで経営インパクトが大きく起こすチャンスを見逃していたこともあったのでは?仲間の成長機会を奪ってしまっていたのでは?と反省しています。

1年の目標達成のためではなく、
3年のミッションの実現のためのやるべきことをやっていきます。

社長が経営に対してインパクトを与えられることは、「仲間集め・決めること・資金調達」の3つくらいしかないと思っています。また、清水個人の特性としては、「事業の初期立ち上げ」が得意であると改めて実感しました。

2020年は、自身&社長としての強みに集中することで、経営にインパクトを与えることに時間を使っていきたいと考えています。

こんな風に取り組んでいきます。

・2022年の事業ゴールの作成
・事業ゴールから逆算した必要なイシューの洗い出し
・イシューを解決するための施策の洗い出し
・月次ベースでアクションの生産性の振り返りをする

良い会社を作れば、仲間が仲間を集めてきてくれる。そして、活躍する。会社も社員も幸せになる。そんな綺麗事である僕たちのミッションをまっすぐに目指していきたい。

全ては、採用を仲間集めにするために。

そんな世直しを一緒にやりたい人はぜひ、新しいHPを見てみてください!


おまけ

清水が個人的に、2019年良い買い物だったと思うものランキング🙋‍♂️

1位:ICL手術
コンタクトレンズの生活からサヨナラできた。夜も目が乾かないし、朝晩のコンタクトつけ外しがなくなったのは最高の変化。

2位:オフィスから2km以内に住む
もともとではあるが、時間は効率的だし、行き帰りの通勤ラッシュがない人生は幸福度が上がる。

3位:CaSy & 食洗機
掃除をやらなくてよいのは、めちゃくちゃ時間投資効果が上がった。

4位:Airpod Pro
Bose並のノイズキャンセル機能で、ワイヤレスなのは最高。

5位:Qrio
鍵を持ち運ばなくて良い生活は、最高。出るときに鍵閉めるのと、変えるときに勝手に開く体験が良い。

2020年に新しくやりたいこと🙋‍♂️

1. 戦略策定系のことを学ぶ
戦略を作るということを、ちゃんと学ぶということをやりたい。

2. メンターをつけて定期稽古をつけてもらう
ついつい理想からではなく、現状から考えてしまう。そんな視点をあげてもらうメンターと定期的にランチでもしながら、会話したい。

3. 英語を実用化していきたい
今年は友人の力を借りて、基本的な800構文を覚えました。2020年は、実用していけるようになりたい。

4. スピーチということを学ぶ
社内外において話すことが増えてその重要性もわかるので、ちゃんと学ぶことをやってみたい。
画像3
5. スタートアップの立ち上げを応援する
一通り失敗をしてきたので、それを支援する中で自分の学びも型化していきたいと思う。

2019年も、多くの皆様に助けていただきました。
2020年も、この世直しに皆さんの力を貸していただけると嬉しいでです。


採用を仲間集めに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
32
リフカムのCEOです。ミッションは、#採用を仲間集めに。リファラル採用を活性化する「Refcome」にて850社、1万人の仲間集めを行う。累計5億円以上の資金調達実施。2018年、日本で唯一のHR部門にてForbes「アジアを代表する30才未満の30人」に選出。

こちらでもピックアップされています

Refcome清水の成長日記
Refcome清水の成長日記
  • 12本

リフカムCEOの公式ブログです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。