見出し画像

転写紙以外の技法-ラスター

ポーセラーツは転写紙以外にも様々な技法があります。
ここでは基本的な転写紙以外の技法についてご説明していきます。

ラスター

ラスター液は金属と樹脂の化合物で金液と似ています。

焼成すると幻想的な輝きを放つ装飾技法です。

パール、ライトブルー、グリーン、ピンク、オレンジ、ブラウンなど数種類の色があります。

混色はできません。

バラのラスター蓋物3

ラスター液を塗るときは海綿、スポンジ、筆などを使用します。
塗り方次第で、焼成後に綺麗な模様が出来上がります。
特にパールは塗り重なった部分が虹色に輝いて貝殻のように見えます。

焼いてみるまでわからない偶然性があるので、そのときにしかできない模様を作って楽しむこともできます。

そのほか、マーブル模様を作る面白い技法もあり、美術品のような素敵な作品ができます。

画像2

画像3

ラスターの注意点

ラスターは摩擦に弱いため、食器にラスターを塗る場合は、食べ物が直接触れるところは避けるようにしてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!!
1
東京・西新宿のポーセラーツサロン ガラスフュージング、ジュエリーバッグ、レジンアートデコール、アルコールインクアート、ハーバリウム、アロマボタニカルワックスなどの各講座も開講しています。 http://salon-krista.com/

こちらでもピックアップされています

ポーセラーツ基礎編
ポーセラーツ基礎編
  • 6本

ポーセラーツの基本情報を解説しています

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。