Sobin Koizumi

特定非営利活動法人 桜茶meet


1975年裏千家入門。1982年京都大学医学部茶道部設立に際し裏千家家元より指名を受け指導開始(現顧問)。「数寄者養成」を目標に掲げ、「気高い精神の美学」を学生に伝えることに重きを置く。1997年茶道裏千家より教授拝命。2002年より日本文化と茶の湯を伝える民間活動「ちどりの会」「富多葉会」を始め、海外では、台湾、中国、フランス、米国等で活動。

「茶の湯の間口を広く、敷居を低く」を信念とする「序の茶」を提唱、「一盌からピースフルネスを」の露払い役を担う。



Professor Koizumi began working with the Urasenke school in 1975. In 1982, she was an Tea Ceremony instructor at the Kyoto University School of Medicine. In her goal of “student training,” she emphasizes conveying “noble spirit aesthetics,” to her students. In 1994, she was appointed an official professor of the Urasenke tea school. Since 2002, she has been working in Taiwan, China, France, the US, and other countries, including private activities such as “Chidori no Kai” and “Futaba Hakai,” that share Japanese culture and the tea ceremony.

She has advocated for “Introductory Tea” with the belief that the ‘tea ceremony has a  wide entrance and low threshold” and plays the role of “peacefulness.”

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています