Kyoji Nakagawa

特定非営利活動法人 桜茶meet


1945年新潟・佐渡生まれ。手島右卿に師事。毎日書道会理事、独立書人団理事長、全国書美術振興会理事、全日本書道連盟常務理事・日本書道ユネスコ登録推進協議会委員、専修大学名誉教授

お言葉:本物の文化を海外へ発信していくためには、多くの方々の支えが必要です。私は書を通し、その大きな力の1つになりたいと考えています。書は、たくさんの芸術が集まった『総合的な芸術』であり、私自身も、書道家ではなく芸術家という意識で活動しています。今回の文字も、皆さまお一人お一人に映る印象をそのまま楽しんでいただけましたら幸いです


Born in 1945 in Sado, Niigata. Studied under the Teshima Starboard. Director of the Mainichi Calligraphy Association, President of the Independent Calligraphy Group, Director of the Japan Calligraphy Association, Managing Director of All Japan Calligraphy Federation, Member of the Japan Calligraphy UNESCO Registration Promotion Council, Professor Emeritus, Senshu University.

To succeed, we need the support of many people. I want to convery power through writing. Calligraphy is a “comprehensive art,” where many kinds of art gather together. I am more active as an artist rather than as a calligrapher. I hope you enjoyed the impression that this letter is reflected in each person.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています