Michelle Brown

特定非営利活動法人 桜茶meet


ワシントンDCで23年続くお茶屋 Teaism オーナー。

世界のルーズリーフティーを取り扱うお茶専門店と、「お茶の起源はアジアであること」をアメリカ人に教育する目的で始めたカフェレストラン3店舗を経営している。「地域のコミュニティに根ざしたスモールビジネス」「女性の起業家精神」をアイデンティティとしており、現地のローカルビジネスや顧客、従業員との長い信頼関係を大事にした経営で知られている。


She runs a specialty tea shop, Teaism, that handles teas from around the world and three café-restaurants that started with the vision of educating Americans that the origin of tea is Asia.

Its identity is a “small business rooted in local communities and female entrepreneurship.” It is well-known for managing local business and maintaining long-standing trustworthy relationships with customers and employees.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています