Akiko Kawai

特定非営利活動法人 桜茶meet



名古屋出身。日本における政治マーケティングの研究(修士)、実務を経て、2012年に渡米。

ジョージワシントン大学ポリティカルマネジメント大学院修了(MPA)、2014年よりワシントンD.C.に本社を置く米国民主党系老舗の世論調査および戦略立案を行うマーケティング会社 Penn Schoen Berland(PSB)の国際政治チームに所属。

2017年春より当団体の前身となるお茶の取り組みを開始。現地で20年続く米国人経営のお茶屋 Teaism パートナー。青山社中リーダー塾1期生。名古屋商工会議所(海外展開アドバイザー)、マイベストプロ愛知

趣味はゴルフ、バイオリン、日本酒。

Born in Nagoya, Aichi
Studied Political Marketing in Japan(MA)

MPA in Graduate School of Political Management, GWU (2014), and then, Akiko joined the International Political Team of Penn Schoen Berland (PSB), a marketing company that conducts public opinion surveys and strategic planning for the U.S. Democratic Party

In 2017, Akiko began her tea initiative, the predecessor of our group, and now Nagoya Chamber of Commerce and Industry (Overseas Expansion Advisor).

Akiko enjoys playing golf, violin, and loves sake. 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています