見出し画像

山崎光学レンズ研究所[leica - Thambar LTM]

[ walk 31ed. S.O.N - leica m10P summilux50mm ASPH]

山崎光学レンズ研究所に、タンバールを託した後の余談です。レンズと一緒に、コメントを添えさせて頂いたのですが、textのみじゃ寂しいなと、ピクトリコ/セミグロスペーパーの隅にプリンティングしました。数日後、山崎さんからお電話いただき「タンバール拝見させていただきました。これは綺麗になりますよ」と。「ところであのお写真、summiluxのASPH(アスフェリカル、英語: Aspherical)でしょ?良いお写真ですね。」と。いやぁすごい。L版ハーフほどのちっちゃな写真でレンズわかっちゃうんですね。いやぁすごい。

この世界は美しい。優しい。そして自分はまだ何も知らない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SoNです。嬉しいです!
16
株式会社ビバラボ 代表・プロダクトデザイナー・ノーコードプログラマー(主にBubble)・アウトドアギアメーカー「KONARAZU」主宰・アイデアが住みたがるところ「nukadoco」開発者・ノスタルジック写真家・料理研究家・チャイ研究家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。